日経サイエンス 2014年2月号

特集:だまされる脳

2013年12月25日 A4変型判 27.6cm×20.6cm

定価1,466円(10%税込)

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

編集部から一言

 現実にはありもしないものが見えたり,非合理な考えを正しいと思い込んだりしたことはありませんか? 人間の脳の情報処理では,時にそうした誤りを招きやすいことがわかってきました。本号の巻頭特集のテーマは「だまされる脳」。超常現象や陰謀論に関心のある方にはおすすめです。物理関係では,場の量子論を扱った記事が読み応えがあります。

脳&心理学

特集:だまされる脳

 

超常現象が見える理由  R. ワイズマン

 

陰謀論をなぜ信じるか  S. ファン・デア・リンデン

 

プラセボ効果の脳科学  T. グーラ

 

サブリミナル効果の真実  W. シュトレーベ

 

 

物理学

実在の本質 場の量子論は何を語るか  M. クールマン

 

医学・公衆衛生

凶暴になる結核菌  S. レーマン

 

ロボット工学

タコロボットの作り方  K. ハーモン=カレッジ

 

気候変動

大都市水害に立ち向かう  M. フィシェッティ

 

情報技術

データ爆発を乗り越える  語り:M. ホフマン/聞き手:L. グリーンマイヤー

 

 

ダイジェスト

 

サイエンス考古学

タバコの危険/映画の危険/スチール工場/10進法をめぐる政治駆け引き/アメリカと測量単位/葡萄畑からの便

フロントランナー挑む

 熱力学の地平を広げる  佐々真一(京都大学)/ 著者:内村直之(科学ジャーナリスト)

NEWS SCAN

●国内ウォッチ

「ポスト京都議定書」じわり前進/50センチ角衛星で熱帯林監視/粘土層の滑りが大津波もたらす/マグロやカツオの祖先は深海魚

●海外ウォッチ

「ニュートリノなし」の出現はまだか/バイオニック義肢の再配線/銀河からの逃走/仲良く遊びなさい/復活したカリフォルニアのイトスギ/FIFA14の物理学/細菌流の変身の術リーダーに続け/「金のガチョウ賞」が救う基礎研究/人工のオアシス/虫はいいけどクモはだめ/インフルエンザ薬を探して/ケプラーの第2の人生

From nature ダイジェスト

 脂肪代謝のメヌエット

砂漠の駝鳥 当世かがく考

 英国に学ぶエネルギー政策  滝 順一

ANTI GRAVITY

 電話1本,即入院  S. マースキー

パズルの国のアリス

 先攻は有利か?  坂井 公

グラフィック・サイエンス

 野生のハチはいまどこに

ヘルス・トピックス

 狂犬病再考

ブックレビュー

 『人類はどこから来て、 どこへ行くのか』  長谷川眞理子
 『無の本』  吉永良正
 <連載>森山和道の読書日記  ほか

Information
次号予告
SEMICOLON
今月の科学英語