日経サイエンス 2008年7月号

特集:再生医療 iPS細胞の衝撃

2008年5月24日 A4変型判 27.6cm×20.6cm

定価1,466円(10%税込)

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

編集部から一言

特集は再生医療。大人の皮膚の細胞などからもつくれる人工多能性幹細胞(iPS細胞)の登場で,この分野は活気づいています。臨床応用実現にはどんな課題があるのかを探るとともに,iPS細胞の生物学的な面白さも紹介! 特集の2本目は,手足(四肢)の再生のお話。もう絵空事ではなくなっているんですよ。サンショウウオの再生能力をヒントに,四肢の完全再生を目指します。 ご好評をいただいている連載「カミオカンデとスーパーカミオカンデ」。4回目の今月号は豪華2本立て。2本目の筆者はなんとあの小柴昌俊先生です。小柴先生を支えた朝永振一郎先生の陰のご尽力を語っていただきました。 系外惑星に生命は存在するのか? 地球から確かめるのはどうすればいいのか? 答えは「望遠鏡で植生の色を探す」。ただ,系外惑星の場合,中心星となる恒星のタイプによって,植物の色も変わるそうです。真っ黒な植物や,ブルーの森もありうるのだとか……。 ほかには,アラル海消失の教訓,鉛筆から生まれたナノ材料グラフェン,光コムの話題など。 今月号からダイジェストをダウンロード可能にしました。無料です。ぜひどうぞ!

医学

特集:再生医療

 

iPS細胞の衝撃   詫摩雅子/協力:中内啓光

 

失われた手足を再生する  K. ムネオカ/M. ハン/D. M. ガーディナー

 

 

 

短期集中連載:カミオカンデとスーパーカミオカンデ 物理学を変えた四半世紀 4

宇宙の真理を求めて  中島林彦/協力:戸塚洋二

 

ニュートリノ研究の原点にあった朝永先生の尽力  小柴昌俊

 

 

 

アストロバイオロジー

赤,青,黒… 異星の植物は何色か  N. Y. キアン

 

材料科学

グラフェン 鉛筆から生まれたナノ材料  A. K. ガイム/P. キム

 

物理学

最も精確なものさし 光コム  S. カンディフ/J. イー/J. ホール

 

環境

アラル海消失の教訓  P. ミックリン/N. V. アラジン

 

茂木健一郎と愉しむ科学のクオリア

発生から解き明かす脳の本質  ゲスト:大隅典子(東北大学)

 

 

 

ダイジェスト

 

サイエンス考古学 

 機密情報/プレストレスト・コンクリート/カーチスの飛行機/電信装置の発明者/ヒキガエルの罠

NEWS SCAN

超電導に新たな「鉄の時代」あなたのゲノムも変化する昼寝で記憶が向上/宇宙線がやって来ない方角/新技術でよみがえった伝説の歌声/名伯楽逝く ジョン・A・ホイーラー(1911~2008)/分身の術で身を守るウニ幻を見る目/自己修復ゴム/猿人型歩行の歴史/ロストシティーの炭化水素/「運命の日」への備え  ほか

UPDATES

 毒性なしナノチューブ/新生命を目指して/仕事が健康に悪いわけ/風力発電基地にゴーサイン 

いまどき科学世評

 有事の魔力と科学  塩谷喜雄

個性派 ミュージアム巡礼

 パワーハウスミュージアム  文・写真:キュラトゥス

ウソかマコトか?

 脳は半分あれば十分なの?

ANTI GRAVITY

 先端技術をあなたに  S. マースキー

TREND

 宇宙ステーションへの輸送機の開発大詰め

現代からくり拝見

 ボディースキャナー

BOOK REVIEW

 『知的財産権のグローバル化』

 『鳥学大全』

 <連載> 森山和道の読書日記 ほか

Information

SEMICOLON

次号予告