日経サイエンス 2006年7月号

トポロジカル量子コンピューター

2006年5月25日 A4変型判 27.6cm×20.6cm

1,333円+税

ご購入はお近くの書店または下記ネット書店をご利用ください。

  • セブンアンドワイ

編集部から一言

「1」「0」を基本とする現在のコンピューターに対し,「1」「0」の重ね合わせ状態を扱う量子コンピューターならば,桁違いの処理能力を期待できます。けれども,エラーの発生率を実用レベルまで下げるのは今の技術ではまず無理。そこで考えられたのが「トポロジカル量子コンピューター」です。エニオンという特殊な粒子を操作して,それが時空のなかで織りなす“組みひも”として計算します。トポロジーも量子コンピューターもよく理解できないのに読みこなせるか……ですって?大丈夫です。私(編集部員T)もそうでしたから。   関東にお住まいの方ならば,新潟・中越地震の際に,長く大きく不気味に揺れ続けたのを覚えているはず。あれは関東平野に堆積物が厚く積もっているせいで,いわば柔らかいゼリーがいつまでもぶるぶる震えるような現象でした。問題はその下の基盤がどうなっているか──どうやら,巨大な断層があるようなのです……。   ほかには,文化の知能の深い関係,太陽フレア,グローバリゼーションと貧困化,ハイブリッド車,毎年60万人の幼い命を奪っているウイルスの話などなど。

物理学

トポロジカル量子コンピューター  G. P. コリンズ

 

地球科学

関東平野の地下に潜む断層群  高橋雅紀

 

天体物理学

太陽フレア発生の謎を解く  G. D. ホルマン

 

医学

ロタウイルスから子どもを守れ  R. I. グラース

 

知能と進化

オランウータンの道具の文化が示す知能の進化  C. ファン・シャイック

 

自動車技術

まだまだ進化するハイブリッド車  J. J. ロム/A. A. フランク

 

経済学

グローバリゼーションは貧困を救うか  P. バーダン

 

技術革新

ここまできた機械翻訳  G. スティックス

 

 

 

てれすこーぷ

 地震の被害軽減のために  石田瑞穂

サイエンス考古学

原子のなかをのぞく/共産主義者の歓待/ローマ帝国のガレー船/ラジウムのバーナー/危険な鉄道/ネブカドネザルのミイラだって?

NEWS SCAN

新局面を迎えた小林・益川理論の検証実験ホタルの光はなぜ黄緑色?クレーターに残る異常磁場/あなたは右,私は左?/複合作用の危険/光触媒ナノチューブで水素製造/カビから生まれたコレステロール低下剤/安全のために電源オフ/磁力が生む人工重力/共食いを避ける大行進/DNAで“折り紙”/赤に敏感 ほか

茂木健一郎と愉しむ科学のクオリア

 生命の起源を秘めた“フロンティア”を探る  ゲスト:長沼毅(広島大学助教授)

いまどき科学世評

 「基本計画」の怪  塩谷喜雄

モノが語るヒトの営み

 中世の模様染 幻の辻が花  澤田和人

個性派 ミュージアム巡礼

 日本工業大学工業技術博物館  文・写真:キュラトゥス

現代からくり拝見

 ジェットエンジン

旅して発見!

 闇夜の森に浮かぶ閃光 ヒメボタル/文・写真:金澤智

TREND

 生体内の抗体づくりを試験管の中で再現/浮上する大学研究者の2007年問題/酒と名画の化学的関係

BOOK REVIEW

 『無限の話』

 『江戸鳥類大図鑑』

 <連載>森山和道の読書日記 ほか

Information

SEMICOLON

次号予告