日経サイエンス  2004年10月号

BSE阻止の決め手 発病前にプリオンをつかめ

S.B. プルシナー(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)

 昨年12月,米国で初めて牛海綿状脳症(BSE,狂牛病)の感染牛が見つかった。その後,世界58カ国が米国産牛肉の輸入禁止措置を取り,米国の食肉産業は危機に陥っている。万一BSE感染牛を食べた場合,異常プリオンタンパク質が人の体内でどのように振る舞うのか,そのメカニズムはわかっていない。しかし,感染牛が原因とみられる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)は英国を中心に約150例が確認されており,食肉の安全確保は政府にとって最優先すべき課題になっている。

 

 BSEを食肉に持ち込まないようにするには,感染牛の早期発見が何より重要だ。現在,BSEの検査法として,免疫組織化学法や免疫測定法(ウエスタン・ブロット法など)が使われているが,検査にかかる時間やコスト,検出可能なプリオンタンパク質の量など,改良すべき点も多い。これに対し,著者らは構造依存性免疫検査法(CDI)という新しい検査法を開発した。CDIは従来の方法よりも感度が高く,判定までの時間も短縮できるという。さらに将来は尿や血液からも診断できるようになる見込みだ。

 

 異常プリオンタンパク質が原因となるプリオン病には,感染や遺伝するもの以外に自然発生するものがある。こうした孤発例はある一定の割合で集団内に生じるため,感染対策だけではBSEを排除することはできない。現在のところ,プリオン病の死亡率は100%だ。著者は,この致死性病原体から市民を守るには,食肉となるすべてのウシを検査する方法が最も有効と説く。

著者

Stanley B. Prusiner

カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部の神経学・生化学の教授。米科学アカデミー,米国医学協会,米国哲学協会の会員。1997年にはプリオン研究でノーベル生理学・医学賞を受賞。本文はScientificAmerican誌に掲載された3度目の論文である。情報開示の精神からプルシナーはインプロ・バイオテクノロジー社(InProBiotechnology)という企業の設立に言及している。この会社は数種類のプリオン検査法を提供しており,いくつかはベックマン・コールター社(BeckmanCoulter)にライセンスを供与している。

サイト内の関連記事を読む