英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN March 2011

Putting Stonehenge in Its Place

見えてきたストーンヘンジの物語

By William Underhill W. アンダーヒル
English 日本語 日本語
With the click of a mouse, archaeologist Vince Gaffney proudly summons up a vision of an ancient landscape. Amid the clutter of his office at the University of Birmingham in England, the 52-year-old professor of landscape archaeology is displaying early results of a virtual excavation at Britain’s best-known prehistoric monument. On the screen: a giant ring of wood posts that may have stood roughly 1,000 yards northwest of Stonehenge, a timber twin of its grander neighbor. In 2010 Gaffney began a three-year project heading an international team that will probe the surrounding countryside in one more attempt to unravel the site’s mysteries, this time with the aid of the very latest technology. The first reward came quickly. Within just two weeks the team, armed with high-powered magnetometers and ground-penetrating radar, discovered traces of that putative timber ring—possibly the most important find on the site in half a century. 考古学者ガフニー(Vince Gaffney)は誇らしげにマウスをクリックし,パソコン画面に古代の風景を呼び出した。この52歳になる英バーミンガム大学の教授が散らかった自室で見せてくれたのは,英国で最も有名な先史時代の遺跡近くを“仮想発掘”した暫定結果だ。画面上に現れたのは,ストーンヘンジの北西約900mの場所に木製の柱が円をなして並んで立っていた跡で,ストーンヘンジをやや小振りにした木柱列がストーンヘンジと双子のように対になっていたとみられる。
 ガフニーは2010年,国際チームを率い,最新技術によってストーンヘンジの周辺地域を調べて遺跡の謎を解明する3年計画のプロジェクトを始動させた。最初の成果はすぐに出た。高性能の磁力計と地中レーダーのおかげで,調査開始からわずか2週間のうちに,この環状木柱列の跡らしきものを発見したのだ。過去50年でこの遺跡に関する最も重要な発見といえるだろう。
Gaffney’s is one of many recent discoveries that have scientists rethinking Stonehenge. The recovery of new materials, along with the reanalysis of earlier finds using modern archaeological techniques, has led to a steady flow of new information. Advances in carbon dating mean experts can provide a more accurate chronology. More sophisticated chemical analysis of human remains allows archaeologists to identify the likely origin of the earliest visitors to the site. The pace is quickening. Radar devices can turn out data at a rate inconceivable even a few years ago. (Gaffney’s equipment collected as much data in two days at Stonehenge as he managed in three years at a previous site.) And with more data come fresh ideas. New evidence is now emerging to bolster a front-running theory: Stonehenge never stood in majestic isolation. Says Gaffney: “It was just part of a much wider ritual landscape.” ガフニーのほかにも近年に数多くの発見があり,研究者たちはストーンヘンジについて再考を迫られている。新試料の発掘と,過去の出土品を現代的な手法を用いて再解析した結果,新しい情報が続々ともたらされた。放射性炭素年代測定法の進歩によって,より正確な年代把握が可能になった。人骨などをより詳しく化学分析できるようになったため,その昔にこの地にやってきた人々のおよその出身地を特定することも可能になった。
 調査のスピードも上がっている。レーダー装置によって,数年前には考えられなかった速度で地中に関するデータを集めることができる(ガフニーは先進機器を使った今回の調査で,以前の調査で3年がかりで集めたのと同量のデータを2日で収集した)。
 データが多く集まれば,斬新なアイデアが生まれる。新たな証拠から,ある先進的な仮説が有力になりつつある。ストーンヘンジは単独の存在ではなかったという見方だ。「ストーンヘンジはもっと広大な祭儀の場を構成する一施設だった」とガフニーはいう。