英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN August 2006 

"The Fish and the Forest"

「クマが結ぶサケと森」より抜粋

By Scott M. Gende /Thomas P. Quinn S. M. ジェンド /T. P. クイン
English 日本語 日本語
Few wildlife spectacles in North America compare to the sight of bears gathered along streams and rivers to scoop up spawning salmon. The hungry bears have long attracted attention, particularly from fishery managers, who in the late 1940s proposed their broadscale culling in Alaska to reduce the "economic damage" the predators might be wreaking on salmon populations. In fact, several sensationalized reports implied that Alaska might fall into "financial and social collapse" unless the bear populations were controlled. クマが川岸に集まって産卵期のサケを捕る光景は,北米でもまれにみる壮観だ。このクマは以前から注目を集めてきた。特に漁業関係者などは1940年代後半,クマによるサケの減少という「経済的損失」を軽減するため,アラスカのクマを広範囲にわたって駆除するよう提案したことがある。実際,クマの生息数を管理しないとアラスカは「財政的,社会的な危機」に陥るだろうという報告も何度か議論を呼んでいる。
続きは
『日経サイエンスで鍛える科学英語』でご覧いただけます。