英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN July 2006 

"Stem Cells: The Real Culprits in Cancer?"

「幹細胞の暴走がガンを招く」より抜粋

By Michael F. Clarke /Michael W. Becker M. F. クラーク /M. W. ベッカー
English 日本語 日本語
After more than 30 years of declared war on cancer, a few important victories can be claimed, such as 85 percent survival rates for some childhood cancers whose diagnoses once represented a death sentence. In other malignancies, new drugs are able to at least hold the disease at bay, making it a condition with which a patient can live. In 2001, for example, Gleevec was approved for the treatment of chronic myelogenous leukemia (CML). The drug has been a huge clinical success, and many patients are now in remission following treatment with Gleevec. But evidence strongly suggests that these patients are not truly cured, because a reservoir of malignant cells responsible for maintaining the disease has not been eradicated. 米国のニクソン大統領が「ガンとの戦争」を宣言してから30年以上が過ぎた。この“戦い”で人類はいくつかの重要な勝利をおさめた。例えば絶望視されていた小児ガンの中には生存率が85%まで上昇したものもある。他の悪性腫瘍でも,少なくとも進行を食い止められる新薬の開発により,患者は長期間,生存できるようになってきた。例えば2001年に慢性骨髄性白血病の治療薬として承認されたグリベックは,臨床の場で大きな成功をおさめた。この薬のおかげで症状が和らいだ患者は多い。だが,多くの報告は慢性骨髄性白血病が完治したわけではないことを示している。悪性腫瘍細胞の予備軍ともいうべき細胞が根絶されていないので,ガンが根治したとは言えないのだ。
続きは
『日経サイエンスで鍛える科学英語2[読解編]』でご覧いただけます。