英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN November 2005 

Did Life Come from Another World?

「地球外生命飛来説を検証する」より抜粋

By David Warmflash /Benjamin Weiss D. ウォームフラッシュ /B. ワイス
English 日本語 日本語
Most scientists have long assumed that life on Earth is a homegrown phenomenon. According to the conventional hypothesis, the earliest living cells emerged as a result of chemical evolution on our planet billions of years ago in a process called abiogenesis. The alternative possibility--that living cells or their precursors arrived from space--strikes many people as science fiction. Developments over the past decade, however, have given new credibility to the idea that Earth's biosphere could have arisen from an extraterrestrial seed. 地球の生命は地球上で発生し進化した──この想定を疑う科学者はこれまでほとんどいなかった。長い間,最初の生命体は地球上で「自然発生」したとする考えが広く受け入れられてきた。地球上での化学進化の結果,数十億年前についに生命が現れたというわけだ。一方,「生きている細胞やその材料となる前駆体は宇宙からやってきた」という可能性については,SFや“お話”として一般の人々の関心を呼ぶことはあっても,科学の対象とは考えられていなかった。しかし,この10年で研究が進んでくると,地球の生物は地球外の生命体から発生したというアイデアも非現実的なお話とはいえなくなってきた。
Planetary scientists have learned that early in its history our solar system could have included many worlds with liquid water, the essential ingredient for life as we know it. Recent data from NASA's Mars Exploration Rovers corroborate previous suspicions that water has at least intermittently flowed on the Red Planet in the past. It is not unreasonable to hypothesize that life existed on Mars long ago and perhaps continues there. Life may have also evolved on Europa, Jupiter's fourth-largest moon, which appears to possess liquid water under its icy surface. 初期の太陽系には,水が存在する天体がたくさんあったと考えられている。液体の水は生命にとって最も重要な構成要素だ。現在は乾いた赤い惑星である火星も,過去の少なくともある時期には水で満ちあふれていたという考えは以前からあったが,米航空宇宙局(NASA)のマーズ・エクスプロレーション・ローバーが最近送ってきたデータは,この考えを裏付けるものだった。はるか昔の火星に生命が存在し,ひょっとすると現在も存続していると考えても荒唐無稽とはいえない。木星の4番目に大きい衛星,エウロパでも生命が進化しているかもしれない。その凍てつく表面の下には液体の水があると思われるためだ。
Saturn's biggest satellite, Titan, is rich in organic compounds; given the moon's frigid temperatures, it would be highly surprising to find living forms there, but they cannot be ruled out. Life may have even gained a toehold on torrid Venus. The Venusian surface is probably too hot and under too much atmospheric pressure to be habitable, but the planet could conceivably support microbial life high in its atmosphere. And, most likely, the surface conditions on Venus were not always so harsh. Venus may have once been similar to early Earth. 土星最大の衛星,タイタンには有機化合物が豊富だ。地表の温度はきわめて低いので,タイタンに生命体が見つかったらまさに驚くべきことだが,可能性が皆無とはいえないだろう。灼熱の金星の上にも,生命はかろうじて存在しているかもしれない。金星の地表はとんでもなく高温・高圧で,とても生命がすめる環境ではなさそうだが,大気中には微生物が存在してもおかしくはないだろう。また,金星の地表がこれまでずっと過酷な環境だったとは限らない。火星と同様に,おそらくかつては地球に似た環境だったと考えることができる。
Moreover, the expanses of interplanetary space are not the forbidding barrier they once seemed. Over the past 20 years scientists have determined that more than 30 meteorites found on Earth originally came from the Martian crust, based on the composition of gases trapped within some of the rocks. Meanwhile biologists have discovered organisms durable enough to survive at least a short journey inside such meteorites. ひとたび生命が誕生すれば,惑星間の広大な宇宙空間さえ,越えられない障壁ではない。過去20年以上にわたる研究の結果,地球上で見つかった隕石のうち30個以上は火星の地殻に由来するとされている。これはおもに,隕石中にとらえられたガスの成分を分析して得られた結論だ。さらに,隕石などの内部に微生物が閉じこめられていた場合,惑星間の長旅にも耐えうることが生物学的にわかってきた。
Although no one is suggesting that these particular organisms actually made the trip, they serve as a proof of principle. It is not implausible that life could have arisen on Mars and then come to Earth, or the reverse. Researchers are now intently studying the transport of biological materials between planets to get a better sense of whether it ever occurred. This effort may shed light on some of modern science's most compelling questions: Where and how did life originate? Are radically different forms of life possible? And how common is life in the universe? もちろん,ある特定の生物が惑星間を実際に旅した,という具体例は報告されていないが,原理的には可能だという証拠が示されている。生命は火星で生まれ地球へ移住した,あるいはその逆のことが起きた,というのはありえないことではないのだ。生命にかかわりのある物質の惑星間移動が実際に起きたのか,もっと詳しく調べようとする試みが始まっている。これは,現代科学が抱える次の3つの疑問に解決の糸口を与えることになるだろう。「生命はどこでどのように誕生したのか」「地球生命と根本的に異なった生命はありうるのか?」「宇宙において生命はどれだけ普遍的なのか?」