英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN September 2005 

The Climax of Humanity

「ボトルネックを超えて」より抜粋

By George Musser G. マッサー
English 日本語 日本語
The21st century feels like a letdown. We were promised flying cars, spacecolonies and 15-hour workweeks. Robots were supposed to do our chores,except when they were organizing rebellions; children were supposed tolearn about disease from history books; portable fusion reactors were supposedto be on sale at the Home Depot. Even dystopian visions of the future predictedleaps of technology and social organization that leave our era in the dust. 21世紀はかつて考えられたような夢の時代ではなさそうだ。21世紀には空飛ぶ自動車や宇宙基地,週15時間労働が実現しているはずだった。ロボットが反乱を起こさない限り,雑用はロボットがやってくれるはずだった。子どもたちは病気の存在を歴史の本で知るはずだった。携帯型の核融合炉がホームセンターで売られているはずだった。反ユートピア的な未来を思い描く人たちでさえ,技術と社会組織の飛躍的発達を予想し,それが21世紀を滅ぼすのだとみていた。
Lookingbeyond the blinking lights and whirring gizmos, though, the new centuryis shaping up as one of the most amazing periods in human history. Threegreat transitions set in motion by the Industrial Revolution are reachingtheir culmination. しかし,技術文明以外に目を向けるなら,新世紀は人類史上最も驚くべき時代となりつつある。産業革命によって始まった3つの大きな変化がいま,その極みに達しようとしている。
Afterseveral centuries of faster-than-exponential growth, the world's populationis stabilizing. Judging from current trends, it will plateau at aroundnine billion people toward the middle of this century. Meanwhile extremepoverty is receding both as a percentage of population and in absolutenumbers. If China and India continue to follow in the economic footstepsof Japan and South Korea, by 2050 the average Chinese will be as rich asthe average Swiss is today; the average Indian, as rich as today's Israeli. 過去数世紀にわたって超幾何級数的な急増を続けた世界人口は,いまや安定化しつつある。現在の傾向から推定すると,世界人口は今世紀中ごろには約90億人で頭打ちになるだろう。その一方で,極度の貧困は,人口比率で見ても絶対数で見ても,減少しつつある。中国とインドが日本や韓国がたどったのと同様の経済発展をこのまま続けるとすると,2050年までに中国人の平均所得は現在のスイス人と同程度になり,インド人の平均所得は現在のイスラエル人と肩を並べるまでになるだろう。
As humanitygrows in size and wealth, however, it increasingly presses against thelimits of the planet. Already we pump out carbon dioxide three times asfast as the oceans and land can absorb it; midcentury is when climatologiststhink global warming will really begin to bite. At the rate things aregoing, the world's forests and fisheries will be exhausted even sooner. しかし,人類が人口と豊かさを増すにつれ,地球の限界はますます圧迫されることになる。人類はすでに大量の二酸化炭素(CO2)を排出しており,その量は海洋と陸地が自然に吸収できる量の3倍にのぼる。今世紀半ばには地球温暖化が本格的に牙をむき始めると気候学者たちはみている。このままでは,世界の森林と漁業資源は世紀半ばを待たずして失われるかもしれない。
Thesethree concurrent, intertwined transitions--demographic, economic, environmental--arewhat historians of the future will remember when they look back on ourage. They are transforming everything from geopolitics to the structureof families. And they pose problems on a scale that humans have littleexperience with. As Harvard University biologist E. O. Wilson puts it,we are about to pass through "the bottleneck," a period of maximumstress on natural resources and human ingenuity. 人口,経済,そして環境──これら3つの同時的で相互に絡み合った構造的変化は,未来の歴史学者が現代を振り返るときに必ず思い起こすものとなるだろう。これらは国や地域を特徴づける地政学的要素から家族構成まで,あらゆるものを変えつつある。そして,人類がこれまでほとんど経験したことのない大規模な問題を引き起こしてもいる。ハーバード大学の生物学者ウィルソン(E.O. Wilson)が述べたように,人類はいままさに「ボトルネック(隘路)」の時代に差しかかろうとしている。天然資源が逼迫し,人類の知恵が問われる時代だ。