英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN July 2005 

New Movement in Parkinson's

「パーキンソン病 治療への新たな手がかり」より抜粋

By Andres M. Lozano /Suneil K. Kalia A. M. ロサノ /S. K. カリア
English 日本語 日本語
Parkinson's disease, first described in the early 1800s by British physician James Parkinson as "shaking palsy," is among the most prevalent neurological disorders. According to the United Nations, at least four million people worldwide have it; in North America, estimates run from 500,000 to one million, with about 50,000 diagnosed every year. These figures are expected to double by 2040 as the world's elderly population grows; indeed, Parkinson's and other neurodegenerative illnesses common in the elderly (such as Alzheimer's and amyotrophic lateral sclerosis) are on their way to overtaking cancer as a leading cause of death. But the disease is not entirely one of the aged: 50 percent of patients acquire it after age 60; the other half are affected before then. Furthermore, better diagnosis has made experts increasingly aware that the disorder can attack those younger than 40. パーキンソン病は英国人医師パーキンソン(JamesParkinson)が1800年代初頭に「振戦麻痺」(震えを伴う麻痺)として初めて報告した病気だ。神経疾患のなかでも有病率の極めて高い病気で,国連によればパーキンソン病の患者数は世界で400万人を下らない(有病率はある集団内のある時点でその病気にかかっている人の割合を示す)。北米に限ってみても,50万人から100万人にのぼり,毎年約5万人が新たに診断されていると推定される(日本の患者数は少なく見積もっても12万人にのぼるとみられる)。高齢化が世界規模で進んでいるため,2040年には患者数が倍増する見込みだ。事実,パーキンソン病やアルツハイマー病,筋萎縮性側索硬化症といった高齢者に多い神経変性疾患は,死因第1位のガンに迫る勢いで増加している。
しかし,パーキンソン病は高齢者だけの疾患ではない。患者の半数は60歳以降に発症するが,残り半数はそれ以前に発病する。それどころか,診断方法が進歩したことによって,40歳未満でもパーキンソン病を発症することがわかってきた。
Sofar researchers and clinicians have found no way to slow, stop or preventParkinson's. Although treatments do exist--including drugs and deep-brainstimulation--these therapies alleviate symptoms, not causes. In recentyears, however, several promising developments have occurred. In particular,investigators who study the role proteins play have linked miscreant proteinsto genetic underpinnings of the disease. Such findings are feeding optimismthat fresh angles of attack can be identified. 今のところ,パーキンソン病の進行を遅らせたり,食い止めたり,あるいは予防する手立ては何ひとつ見つかっていない。薬物や脳深部電気刺激法といった治療法はあるものの,いずれも対症療法で,根本的な治療法ではない。それでも,ここ数年,いくつか有望な展開がみられる。特にタンパク質の役割を調べている研究者らは,この病気の遺伝的素因を何らかの悪玉タンパク質と結びつけて考えるようになった。こうした発見から,これまでとは別の角度から発症メカニズムをとらえられるかもしれない。
Asits 19th-century name suggests--and as many people know from the educationalefforts of prominent Parkinson's sufferers such as Janet Reno, MuhammadAli and Michael J. Fox--the disease is characterized by movement disorders.Tremor in the hands, arms and elsewhere, limb rigidity, slowness of movement,and impaired balance and coordination are among the disease's hallmarks.In addition, some patients have trouble walking, talking, sleeping, urinatingand performing sexually. 振戦麻痺という19世紀の病名からわかるように,この病気の特徴は運動障害だ。またパーキンソン病に冒された米国の著名人,ジャネット・リノ元司法長官,元ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ,俳優のマイケル・J・フォックスらの努力によっても,この病気の症状が広く知られるようになった。運動障害の主なものは,手や腕など体全体に起こる振戦(震え),四肢硬直,動作緩慢,姿勢反射障害(転びやすくなる)だ。これに加えて,歩行,言語,睡眠,排尿,性行為に障害が現れる患者もいる。
Theseimpairments result from neurons dying. Although the victim cells are manyand found throughout the brain, those producing the neurotransmitter dopaminein a region called the substantia nigra are particularly hard-hit. Thesedopaminergic nerve cells are key components of the basal ganglia, a complexcircuit deep within the brain that fine-tunes and coordinates movement.Initially the brain can function normally as it loses dopaminergic neuronsin the substantia nigra, even though it cannot replace the dead cells.But when half or more of these specialized cells disappear, the brain canno longer cover for them. The deficit then produces the same effect thatlosing air traffic control does at a major airport. Delays, false starts,cancellations and, ultimately, chaos pervade as parts of the brain involvedin motor control--the thalamus, basal ganglia and cerebral cortex--no longerfunction as an integrated and orchestrated unit. こうした障害はニューロン(神経細胞)の死滅によって引き起こされる。細胞死は至るところで見られるが,とりわけ大きな打撃を受けるのは,黒質と呼ばれる領域で神経伝達物質ドーパミンを作っているニューロン(ドーパミン作動性ニューロン)だ。黒質は大脳の深部にある基底核という場所にあり,動作の微調整や運動のバランスをつかさどる。脳は死んだ細胞を補充することはできないが,黒質のドーパミン作動性ニューロンが消失しても,当初は正常に機能する。しかし,この特殊化した細胞が半分以上失われると,もうカバーしきれない。脳は航空管制が麻痺した大空港さながらの状態に陥る。視床,基底核および大脳皮質といった運動制御にかかわる統合ユニットが機能しなくなると,遅延,離陸時のトラブル,運休が頻発し,ついには混乱の渦にのみ込まれてしまうのだ。