英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN July 2005 

New Movement in Parkinson's

「パーキンソン病 治療への新たな手がかり」より抜粋

By Andres M. Lozano /Suneil K. Kalia A. M. ロサノ /S. K. カリア
English 日本語 日本語
Parkinson's disease, first described in the early 1800s by British physician James Parkinson as "shaking palsy," is among the most prevalent neurological disorders. According to the United Nations, at least four million people worldwide have it; in North America, estimates run from 500,000 to one million, with about 50,000 diagnosed every year. These figures are expected to double by 2040 as the world's elderly population grows; indeed, Parkinson's and other neurodegenerative illnesses common in the elderly (such as Alzheimer's and amyotrophic lateral sclerosis) are on their way to overtaking cancer as a leading cause of death. But the disease is not entirely one of the aged: 50 percent of patients acquire it after age 60; the other half are affected before then. Furthermore, better diagnosis has made experts increasingly aware that the disorder can attack those younger than 40. パーキンソン病は英国人医師パーキンソン(JamesParkinson)が1800年代初頭に「振戦麻痺」(震えを伴う麻痺)として初めて報告した病気だ。神経疾患のなかでも有病率の極めて高い病気で,国連によればパーキンソン病の患者数は世界で400万人を下らない(有病率はある集団内のある時点でその病気にかかっている人の割合を示す)。北米に限ってみても,50万人から100万人にのぼり,毎年約5万人が新たに診断されていると推定される(日本の患者数は少なく見積もっても12万人にのぼるとみられる)。高齢化が世界規模で進んでいるため,2040年には患者数が倍増する見込みだ。事実,パーキンソン病やアルツハイマー病,筋萎縮性側索硬化症といった高齢者に多い神経変性疾患は,死因第1位のガンに迫る勢いで増加している。
しかし,パーキンソン病は高齢者だけの疾患ではない。患者の半数は60歳以降に発症するが,残り半数はそれ以前に発病する。それどころか,診断方法が進歩したことによって,40歳未満でもパーキンソン病を発症することがわかってきた。


続きは
『日経サイエンスで鍛える科学英語』でご覧いただけます。