head
BEYOND DISCOVERY
日経サイエンス
人工内耳の進歩
TOPへ戻る
1. イントロダクション
2. 黎明期
3. 内耳が音を認識する仕組み
4. 耳が聞こえなくなるわけ
5. 人工内耳技術の発展
6. 蝸牛は脳に何を伝えるのか
7. 聴神経が壊れると…
8. 有毛細胞の働き
9. 内耳が発する音
10. 補足記事
人工内耳と聴覚障害者の文化
11. 補足記事
難聴の5大原因
12. クレジット
お問い合わせ
BEYOND DISCOVERY
THE PATH FROM RESEARCH TO HUMAN BENEFIT
■聴神経が壊れると…
 ガンなどによって聴神経が破壊されてしまった場合は,人工内耳も役に立たない。刺激すべき神経線維がないからだ。となると,唯一の手段は脳をじかに刺激する埋め込み型装置だ。2つの可能性が研究されている。1つは聴神経からのインプットを受け取っている脳幹の蝸牛神経核に電極を埋め込むこと,もう1つは脳のもっと複雑な領域である聴覚皮質に電極を埋め込むことだ。脳幹インプラントと皮質インプラントの研究はまだ始まったばかりだが,ボランティアに試してもらったところ有望な結果が得られたという報告もある。ただ,音質は人工内耳の場合よりも劣っている。
年表 
← 前へ 次へ →
原文はNASのBeyond Discoveryでご覧になれます。
このウェブサイトは米国科学アカデミー(NAS)と日経サイエンス社の取り決めをもとに作られています。
Copyright Japanese Edition 2003 by Nikkei Science, Inc. All rights reserved. Copyright 2003 by the National Academy of Sciences. All rights reserved.
2101 Constitution A venue, NW, Wadhington, DC 20418