タグ : Gタンパク質共役型受容体

創薬の新発想 標的分子の別の顔を狙え

 現在使われている薬の約50%は,細胞膜に埋め込まれた「Gタンパク質共役型受容体(GPCR)」というタンパク質をターゲットにしている。この受容体は細胞膜を蛇行して7回出入りするので,7回膜貫通型受容体とも呼ばれる。細胞外 … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, 記事