タグ : fMRI

うつ,依存症,社交不安障害 治療効果を脳画像で予測

 どんなうつ病治療もうつ病患者の1/2〜2/3には効果がない。個々の患者に合った治療法を見極める方法が必要だ。ある治療法が誰に効くかを予測する研究において,脳スキャンが有望な結果を出している。ある患者に最も有効な治療法は … 続きを読む

カテゴリ 2018年7月号, 記事

法廷に立つ脳科学

 科学技術の進歩を受け,裁判で採用される証拠の幅が広がってきた。血液のDNA解析データや声紋の鑑定結果などがよく知られる。脳科学も近年急速に進歩し,脳画像解析から,その人の精神状態などをある程度,読み取れるようになってき … 続きを読む

カテゴリ 2011年9月号, 記事

1本で脳が変わる ニコチン依存の新仮説

 「喫煙開始から何年も経ないとタバコ依存にはならない」という長年の定説が覆った。未成年喫煙者に関する研究によって,吸い始めて数週間で離脱症状(タバコが欲しくてたまらないなどの禁断症状)が現れうることがわかった。 &nbs … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, 記事