タグ : 麻薬

見通し煙る麻薬の医療利用〜日経サイエンス2011年12月号より

マリファナが含む化学物質は医薬品として有望だが,厳しい規制が足かせになっている    がんやエイズの痛みと吐き気,体重減や,多発性硬化症の筋肉の痙攣に対してマリファナが有効とみられることが予備的な臨床試験で示さ … 続きを読む

カテゴリ 2011年12月号, SCOPE & ADVANCE

過食を生む脳

 強迫性の過食症と,薬物依存。両者に脳の一部が共通してかかわっていることが明らかになり,肥満の理解と治療に新たな手がかりが得られつつある。依存症研究の第一人者で米国立薬物乱用研究所の所長を務めるボルコフ(Nora D. … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, 記事

痛みを抑える 新薬開発の最前線

 現在使われている一般的な鎮痛薬は,何百年前の民間療法がもとになっている。アヘン剤はケシから,アスピリンはヤナギの樹皮から得たものだ。アスピリンの鎮痛効果には限界があり,激痛には効き目がない。アヘン剤はさらに強力な薬だが … 続きを読む

カテゴリ 2006年9月号, 記事

ドラッグに翻弄される脳

 注射針や白い粉。多くの薬物常習者は,薬物そのものの映像や薬物を連想させる道具を見ただけで,薬がもたらす快楽を思い起こして身震いする。そして,薬物注射は本当の快感をもたらしてくれる。高揚感,澄み切った明るさ,幻覚,安心感 … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 記事