タグ : 量子力学

物理学を認識論にする

 今の物理学は,神の目線でできている。宇宙全体をあたかも外から見ているかのように,第三者的に記述する。宇宙物理学者の細谷暁夫は,そこに疑問を投げかける。「我々は宇宙の中にいる。宇宙を外から見るのではなく,まず宇宙を我々と … 続きを読む

カテゴリ 2010年4月号, 記事

相対論と量子論をつなぐ ブラックスター

 アインシュタインの一般相対性理論が予言する時空の構造「ブラックホール」は,今や誰もが知る存在となった。ブラックホールに落ちたら最後,そこから脱出することはできず,こっぱみじんにされてしまう。しかし,一般相対性理論はブラ … 続きを読む

カテゴリ 2010年2月号, 記事

消えやすく,生まれやすいもの〜日経サイエンス2010年1月号

量子もつれをぶち壊す環境が,それを修復することも可能    電子になったらすてきじゃなかろうか? そうしたら,あなたも量子力学の裏ワザを使って,同時に2つの場所に存在できるだろう。忙しい現代生活を巧みにやり繰り … 続きを読む

カテゴリ 2010年1月号, SCOPE & ADVANCE

葉緑素の量子パワー量子生物学〜日経サイエンス2009年11月号より

光合成の量子過程を理解すれば優れた太陽電池につながるかも    植物は光合成によって太陽光をエネルギーに変換している。いわば天然の太陽電池だ。最近,光合成が量子世界の奇妙な現象を利用していることが詳しくわかって … 続きを読む

カテゴリ 2009年11月号, SCOPE & ADVANCE

存在確率マイナス1 天才アハラノフの予言

 物理学者アハラノフの名は知らなくても,「アハラノフ・ボーム効果」という言葉は聞いたことがあるかもしれない。1980年代に外村彰が観測し,ノーベル賞級の成果として注目を集めた。50年前にこの効果を,量子力学の黎明期を築い … 続きを読む

カテゴリ 2009年10月号, 記事

宇宙の未来が決める現在

 物理学の世界では知らぬ者のない物理学者ヤキール・アハラノフは,1988年,風変わりな提案をした。物質の量子力学的な状態を壊さずに,その状態を観測することができるというのだ。    量子力学によれば,物質は相反 … 続きを読む

カテゴリ 2009年10月号, 記事

量子の”開かずの間”をのぞき見る

 奇妙な思考実験がある。2つの干渉計を準備し,それぞれに,電子と陽電子を入れる。両方とも波の性質を持つので,普通ならそれぞれが光と同じように干渉を起こす。だが今,2つの干渉計を途中で結合したらどうなるだろうか? &nbs … 続きを読む

カテゴリ 2009年10月号, 記事

不滅の量子効果〜日経サイエンス2009年4月号より

「量子もつれ」が崩れた後も,ある種の効果は生き残るらしい    アインシュタイン(Albert Einstein)が量子もつれを「気味の悪い遠隔作用」と呼んでまともに扱わなかったのは有名な話だ。量子もつれ状態の … 続きを読む

カテゴリ 2009年4月号, SCOPE & ADVANCE

イオンで作る量子コンピューター

 超弩級の能力を持つと期待される量子コンピューター。原子や光子,人工の微細構造にデータを保存して処理する設計が考えられている。最も進んでいるのが捕捉イオンを操る研究だ。イオンにデータを蓄え,他のイオンに転送できるようにな … 続きを読む

カテゴリ 2008年11月号, 記事

自己組織化する量子宇宙

 時間や空間はどのように現れたのだろうか? どのように4次元時空は形づくられ,私たちの世界の舞台となったのだろうか? その時空は,非常に小さなスケールではどのようにみえるのだろうか? こうした疑問の数々は「量子重力理論」 … 続きを読む

カテゴリ 2008年10月号, 記事

量子暗号は三度“発明”された

「加速器の中を走る粒子を使ったら、どんな通信ができるだろう?」   物理法則で通信の秘密を守る「量子暗号」は1970年,加速器を使った実験に携わっていたコロンビア大学の大学院生ウィーズナー(Stephen Wi … 続きを読む

カテゴリ 別冊日経サイエンス, 記事

量子コンピューターも苦手な問題

 量子コンピューターが実現すると,情報の検索が格段に速くできるようになり,インターネット上の金銭取引に利用されている暗号が簡単に解読できてしまう。夢の高速コンピューターが,注目を集めている。    通常のビット … 続きを読む

カテゴリ 2008年6月号, 記事

本当のテレポーテーション〜日経サイエンス2008年5月号より

SF映画もよいけれど,量子情報はもっと刺激的      ある場所から別の場所へ瞬間移動するというSFの夢(完全な空想)は,スティーブン・グールドの小説に基づくダグ・リーマン監督の映画『ジャンパー』(日 … 続きを読む

カテゴリ 2008年5月号, SCOPE & ADVANCE

やってみよう!“量子消しゴム”実験

 簡単に手に入る道具を使って,世にも奇妙な量子効果を自宅で体験できる。「量子消去」を見る実験法を紹介しよう。    量子力学の理論はこの世界の最も基本的な奇妙さを暴いてみせる。日々の実体認識を中核で支えている私 … 続きを読む

カテゴリ 2007年8月号, 記事

新たな不確定性原理を求めて

 原子の中の電子などの振る舞いを説明する量子力学。その根本にあるのが今から約80年前に提唱されたハイゼンベルクの「不確定性原理」だ。だが,極微の世界はいまだ完全には解明されず,研究の進展によって,不動と思われていた不確定 … 続きを読む

カテゴリ 2007年4月号, 記事