タグ : 進化

地質活動が微生物をミックス〜日経サイエンス2023年2月号より

岩が割れると微生物集団が一変 地下1000mを超える場所でも,地球は微生物であふれている。長い間,帯水層や地熱井に生息するこうした地下の微生物集団に生態学的な変化はほとんど見られないだろうと考えられてきた。だが最近の研究 … 続きを読む

カテゴリ 2023年2月号, SCOPE & ADVANCE

Dawn of the Din / 鳴き声の進化 それは虫の声から始まった

We take it for granted that virtually every habitat on Earth is alive with the sounds of animals, from the haunting songs of whales in the oceans to the riotous symphony of birds, frogs and insects in … 続きを読む

カテゴリ 2023年1月号, 英語で読む日経サイエンス

鳴き声の進化 それは虫の声から始まった

地球上のほぼすべての生息地が動物の音でにぎやかなのは当然だと思える。海ではクジラのしみじみとした歌声,森では鳥やカエル,昆虫による大合唱,世界各地の都市では人間と人工物が立てる騒音が聞こえる。だが地球史の大半の期間,音を … 続きを読む

カテゴリ 2023年1月号, 最新号の紹介, 記事

Neandertals Like Us / ネアンデルタールの首飾り クロアチアの遺物が語る知性

Last March, as Texas and Mississippi lifted their coronavirus pandemic mask mandates against the advice of health officials, President Joe Biden accused the governors of those states of “Neandertal … 続きを読む

カテゴリ 2022年7月号, 英語で読む日経サイエンス

米国で大発生 17年ゼミの生存戦略

17年または13年ごとに大量出現する周期ゼミは米国に特有の存在で,17年ゼミ最大の集団「ブルードⅩ」がいままさに米国東部に出現中だ。素数年周期で出現するユニークな生活史がどのように進化したのか,活発な研究が進んでいる。長 … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, 記事

鳥が多様になった道筋

現生の鳥類は1万種を超え,陸生の脊椎動物としては最も多様なグループだ。鳥はどのようにして,これほど素晴らしく多様化したのだろうか? 恐竜を滅ぼした6600万年前の小惑星衝突の後,これを生き延びた鳥類が爆発的な進化を通じて … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, 記事

クジラががんにならないわけ 細胞の裏切りを検知する メカニズム

 多細胞生物は細胞が協力し合うことで生きている。しかしがん細胞はその規律を破って自分勝手にふるまい,個体を死に追いやる。クジラやゾウなどの巨大動物は体を構成する細胞が多い分,がん化する細胞も多くなりそうだが,実際にはめっ … 続きを読む

カテゴリ 2021年4月号, 記事

Ascent of the Oaks / オークの進化史 北半球を席巻したドングリの森

If you were dropped into virtually any region of North America 56 million years ago, you probably would not recognize where you had landed. Back then, at the dawn of the Eocene epoch, the earth was wa … 続きを読む

カテゴリ 2021年3月号, 英語で読む日経サイエンス

オークの進化史 北半球を席巻したドングリの森

 オークはコナラ属の木本植物であり,日本のクヌギやミズナラなどが含まれる。現在約435種が存在し,その約60%がアメリカに生育している。オークが特にアメリカで爆発的多様化を遂げたのはなぜか。ゲノム科学の進歩によってオーク … 続きを読む

カテゴリ 2021年3月号, 記事

The Origin of Us / 人類の起源を求めて 様変わりした進化史

In 1859, 14 years after the founding of this magazine, Charles Darwin published the most important scientific book ever written. On the Origin of Species revolutionized society’s understand … 続きを読む

カテゴリ 2021年1月号, 英語で読む日経サイエンス

人類の起源を求めて 様変わりした進化史

チャールズ・ダーウィンは著書『人間の由来』(1871年)の中で,現存する人間はすべて同じ種に属し,複数の人種は1つの祖先種から派生したと述べた。この考え方は当時受け入れられず,人種的優越性を裏付ける理屈として利用されたこ … 続きを読む

カテゴリ 2021年1月号, 記事

The Unexpected Origin of Fingers / 手の指 予想外の起源と進化

Five digits radiating from a palm, an arrangement both flexible and strong—capable of playing a piano, wielding a hammer, offering a comforting touch. The hand is our most familiar body part, centra … 続きを読む

カテゴリ 2020年12月号, 英語で読む日経サイエンス

手の指 予想外の起源と進化

四肢動物の手が祖先の魚のひれからどのように進化したのか,推移の証拠となる化石が見つかっていなかったため不明だった。だが3億7500万年前のエルピストステゲ・ワトソニという魚の完全骨格化石が今年3月に報告され,手と指の起源 … 続きを読む

カテゴリ 2020年12月号, 記事

優しくなければ生き残れない 進化史に見るホモ・サピエンス成功のカギ

私たちホモ・サピエンスはどのようにして現在に至る最後の人類となったのだろうか? 10万年前にはネアンデルタール人のほうが有力だったかもしれない。ホモ・サピエンスは友好的な形質が自然選択される過程を経験した結果,集団で高度 … 続きを読む

カテゴリ 2020年11月号, 記事

The Trouble with Teeth / 進化で読み解く歯の健康学

I sat at an oral surgeon’s office waiting for my daughter. The scene called to mind an assembly line. Patients went in, one after another, resigned to having their third molars, commonly known as wi … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 英語で読む日経サイエンス