タグ : 自然選択

偶然が生む生命の複雑性

 人間の眼のような精緻な仕組みがどう進化したのかは,ダーウィンその人にとっても謎だった。環境に適応したタイプが自然選択によって選ばれ続けることで,単純な構造から徐々に進化した──というのが標準的な説明だが,それ自体は生物 … 続きを読む

カテゴリ 2014年3月号, 記事

人間は限界に挑む

 「ヒトは人類史の99%を,広大なサバンナで小さな狩猟採集集団を作って暮らしてきた」。人類学者と膝を交えて,人間の本性について語り合う機会があれば,きっとこのお決まりの話を聞かされるだろう。これは科学界で昔から言われてい … 続きを読む

カテゴリ 2012年12月号, 記事

なぜ生物は助け合うか

 協力という行為は進化のルールにおける例外ではない。進化を形作ってきた立役者の1つだ。    進化とは食うか食われるかの生存競争だと思われがちだ。だが実際には,協力が進化の原動力の1つとなっている。細菌から人間 … 続きを読む

カテゴリ 2012年11月号, 編集部のピックアップ, 記事

進化論の150年

今年はダーウィン生誕200周年,代表著書『種の起源』の出版150周年の記念すべき年だ。ダーウィンの進化論は相対性理論や量子論とともに,今や現代科学を支える大きな柱となっている。カリフォルニア大学アーバイン校の進化生物学者 … 続きを読む

カテゴリ 2009年4月号, 記事

ゲノムから見た自然選択のパワー

 あるタイプの生物は特定の状況では他の生物より多く生き残る。こうした生物は子孫も多く残せるので,時とともにますます増加する。こうして,自然が現在の環境に最もよく適応したこれらの生物を「選択」する。環境条件が変化すると,今 … 続きを読む

カテゴリ 2009年4月号, 記事

多様性の源 複雑な生物を生む力

 1859年,ダーウィンは『種の起源』を発表し,地球上のすべての生きものは1種あるいは数種の生命体の子孫であると提唱した。最初の生命がどのようにして現れたのかについては言及していない。ただ,生命の系譜がひとたび始まれば, … 続きを読む

カテゴリ 2009年4月号, 記事

自然選択とがん がんはなぜなくならないか

 自然選択(自然淘汰)は自然による完璧な手技とは言い難い。進化の過程で生物はきわめて複雑な適応を生み出してきたが,病気に対しては相変わらず脆弱だ。病気の中でも最も悲劇的で,おそらく最も謎めいているのはがん(癌)だろう。が … 続きを読む

カテゴリ 2007年4月号, 記事