タグ : 自動車

クルマ社会から駐車場をなくす

自律走行車の研究開発が熱を帯びている。運転の手間を省き,安全性も高めようというのが主な狙いだが,各種のセンサーを備えた自律走行車は都市の姿そのものを一変させるだろうと著者たちはみる。ライドシェアと組み合わせて自律走行車が … 続きを読む

カテゴリ 2017年11月号, 記事

完全な自動運転車はできるか

自動車業界とマスコミは自動運転車の実力を誇大に述べてきた。路上でのちょっとした出来事もコンピューターには対応の難しい大問題で,ロボット運転手の実現は何十年も先だ。人間の助力に頼る自動化システムは特に問題含みだ。しかし,特 … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

人間よりも環境に優しい車~日経サイエンス2011年7月号より

 環境に優しいハイブリッド車は,いまや移動手段の切り札といえる。伊ミラノ大学の生理学教授ミネッティ(Alberto E. Minetti)は修士課程の学生パヴェイ(Gaspare Pavei)とともに,4人の男性が歩くと … 続きを読む

カテゴリ 2011年7月号, News Scan

プラグイン車のクリーン度を問う

 日産自動車は量産モデルとしては世界初の電気自動車「リーフ」を近く発売すると昨年に発表した後,全米24都市で「ゼロエミッションツアー」を展開した。リーフはバッテリーパックを車庫のコンセントにつないで充電し,そのエネルギー … 続きを読む

カテゴリ 2010年10月号, 記事

燃費はもっとよくなる 高効率エンジンへの道

 自動車エンジンのハードとソフトを変えれば,燃料効率はずっとよくなる。エンジンの主なエネルギー損失は無駄になっている熱とエンジン内の摩擦だが,ガソリン直噴や可変バルブタイミング,気筒休止などの技術によって,これを減らすこ … 続きを読む

カテゴリ 2010年5月号, 記事

20年後の自動車の姿

 20年後の自動車はどんなものになっているのだろうか。SCIENTIFIC AMERICANはそれを探るため,ゼネラル・モーターズ(GM)とテスラ・モーターズ,北米トヨタの重役たちにグループインタビューするとともに,米国 … 続きを読む

カテゴリ 2010年2月号, 記事

衝突しない自動車

 自動車事故の原因のトップは運転者のミスだ。2秒間よそ見をすれば,事故の危険は2倍にはね上がる。人間が運転している以上,不注意は避けられない。衝突の衝撃を和らげるシートベルトやエアバッグなどはすでに普及しているが,現在開 … 続きを読む

カテゴリ 2009年3月号, 記事

まずは車を見直そう

 世界の豊かな国々のほとんどの人々は,本音では,現在の自動車による交通システムの恩恵を認めざるをえないだろう。1人でも,家族や友人と一緒でも,家の玄関先から荷物を積んで,いつでもどこへでも移動できる。貨物配送網が張り巡ら … 続きを読む

カテゴリ 2006年12月号, 記事

開発進む低公害HCCIエンジン

  ガソリンエンジンよりもクリーンで,ディーゼル並みの燃焼効率を実現できる“異種交配”エンジンが,直接噴射ガソリンエンジン(GDI)に続く“第4のエンジン”として期待を集めている。    20年以上昔の乗用車や … 続きを読む

カテゴリ 2001年9月号, 記事