タグ : 神経変性疾患

Unlocking the Mystery of ALS / ALSに新たな手がかり アンチセンス医薬の可能性

Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) strikes without warning. The condition, which strips nerve cells of their ability to interact with the body’s muscles, starts painlessly, with subtle initial symp … 続きを読む

カテゴリ 2017年9月号, 英語で読む日経サイエンス

ALSに新たな手がかり アンチセンス医薬の可能性

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は脳と脊髄から全身の筋肉につながる神経細胞が冒される疾患だ。この病に倒れた大リーガーの名を取って「ルー・ゲーリック病」ともいわれ,物理学者のホーキングの例がよく知られる。日本にも約1万人の患 … 続きを読む

カテゴリ 2017年9月号, 記事

脳から老廃物を排出 グリンパティック系

人間の脳の重量は約1400gで体重の約2%を占めるにすぎないが,活動に伴うエネルギー消費で見ると全身の20~25%に上り,その過程で有害なタンパク質老廃物などのゴミが大量に生じている。1年足らずで脳の重さと同程度の老廃物 … 続きを読む

カテゴリ 2016年7月号, 記事

神経変性は「脳の糖尿病」〜日経サイエンス2008年9月号より

インスリン異常がアルツハイマー病などに関連しているらしい      糖尿病患者や糖尿病について知っている人ならだれでも,インスリンの重要性を知っている。インスリンは細胞が糖や脂肪をエネルギー源として蓄 … 続きを読む

カテゴリ 2008年9月号, News Scan

特集:脳力増強の科学 究極の自己改善を目指して

 1990年代は研究プロジェクト「脳の10年」が遂行された時代だった。多くの進展があった一方で,非常に大きな課題がほとんど手つかずのまま残った。「意識とは何か」という問いだ。この謎解きにはあと100年かかるかもしれない。 … 続きを読む

カテゴリ 2003年12月号, 記事

ハンチントン病の謎

 ハンチントン病は脳の線条体という部分の神経細胞が死滅する病気だ。19世紀後半にこの病気を報告した内科医ハンチントン(Huntington)父子にちなみ名付けられた。原因遺伝子を持った人は人生半ばの30~40歳代で発病す … 続きを読む

カテゴリ 2003年3月号, 記事