タグ : 知能

特集 人工知能

今,この瞬間にも世界中で膨大な数のコンピューターが猛烈な勢いで「学習」に取り組んでいる。人間と違って寝食不要で,飽きることなく24時間,集中して学習し続ける。学習の対象は自動車の運転から写真や画像の判読,音声言語,二本脚 … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

Collective Wisdom of Ants / アリの集合知

In the 2015 summer blockbuster Ant-Man, the character Hank Pym, a scientist who has invented a suit that can shrink a person down to the size of an insect, remarks that ants can perform amazi … 続きを読む

カテゴリ 2016年5月号, 英語で読む日経サイエンス

アリの集合知

アリのコロニーは1匹の女王アリと多数の働きアリ(不妊のメス),いくらかのオスで構成され,働きアリがせっせと食べ物を集めたり巣を修復したりして見事な社会を築いている。だが,女王アリが権力を振るって働きアリに指令しているわけ … 続きを読む

カテゴリ 2016年5月号, 記事

ニワトリはケッコー賢い

 道具を作るカラスや数を数えるインコなど驚くほど“賢い鳥”がいる一方で,ニワトリは物覚えの悪さの代名詞となっている。だが,本当に? 近年の研究で,この鳥がこれまで考えられてきたよりもずっと賢いことがわかった。ニワトリは他 … 続きを読む

カテゴリ 2014年9月号, 記事

知能は伸び続けるか

 知能指数(IQ)のスコアが過去100年にわたって着実に上昇を続けている。「フリン効果」として知られる現象だ。この上昇は図形合わせなど“文化の違いによらない”と考えられるテストの結果から生じている。    現代 … 続きを読む

カテゴリ 2012年12月号, 記事

知能の物理学

 動物(哺乳類)の脳は基本構造がほとんど同じで,脳を構成する神経細胞も同じようなもの。だとするとコンピューターになぞらえれば,脳は大きいほど高性能,つまり賢くなるのだろうか? 例えばイルカやゾウ,クジラの脳は人間の脳より … 続きを読む

カテゴリ 2011年10月号, 記事

最も賢い細菌

 イスラエルにあるテルアビブ大学の物理学教授ベン=ヤコブ(Eshel Ben-Jacob)は研究中の細菌のゲノムだけでなく,その“個性”にも興味を持っている。彼は多くの細菌をハリウッドの映画スターになぞらえる。「人は彼ら … 続きを読む

カテゴリ 2011年9月号, 記事

数を数える動物たち〜日経サイエンス2009年11月号より

意外にも,多くの動物が計数能力を生まれつき備えているようだ    100年ほど前の「賢馬ハンス」以来,科学者は動物に数学の能力があるという主張には懐疑的だ。この馬はヨーロッパの人々の前で算術などの知的作業を実演 … 続きを読む

カテゴリ 2009年11月号, News Scan

知能遺伝子を探して

 人間の「頭のよさ」とは何か。会話や行動から「あの人は頭がいい」ということは誰にでもわかるが,知能とは何かを定義するのは難しい。心理学者はいくつかの検査を組み合わせて調べる知能指数(IQ)によって,知能を定量化しようとし … 続きを読む

カテゴリ 2009年1月号, 記事

カラスはなぜ賢いのか

 ワタリガラス(体長60cm以上あり,カラス科で最大。日本では北海道のみに飛来)にまつわる逸話はたくさんある。多くは彼らがいかに賢いかを示すものだが,そうした話だけでは彼らの恐るべき利口さの証拠にはならない。例えば,彼ら … 続きを読む

カテゴリ 2007年7月号, 記事

オランウータンの道具の文化が示す知能の進化

 インドネシア・スマトラ島のスワクバリンビン(以下スワク)という地域で,道具を用いるオランウータンの個体群が発見された。動物園などの飼育環境では,オランウータンが巧みに道具を使う姿はめずらしくないが,野生のオランウータン … 続きを読む

カテゴリ 2006年7月号, 記事

群れが生み出す知能

アリやハチ,シロアリといった社会性昆虫は,コロニーをつくって生活している。コロニーの昆虫は1匹1匹が自分の計画を持っていて,群れ全体が高度に組織化されているように見える。個々の活動を結びつけるのに何ら管理されている様子は … 続きを読む

カテゴリ 2000年7月号, 記事