タグ : 痛み

見通し煙る麻薬の医療利用〜日経サイエンス2011年12月号より

マリファナが含む化学物質は医薬品として有望だが,厳しい規制が足かせになっている    がんやエイズの痛みと吐き気,体重減や,多発性硬化症の筋肉の痙攣に対してマリファナが有効とみられることが予備的な臨床試験で示さ … 続きを読む

カテゴリ 2011年12月号, SCOPE & ADVANCE

脳が生み出す理不尽な痛み/慢性疼痛治療の新戦略

 ケガや手術の傷がすっかり癒えた後も,激烈な痛みが続く。何カ月,何年たっても消えない──そんなつらい状況に陥っている人は少なくない。原因がなくなっているにもかかわらず痛みが消えないのは,身体の損傷を検知して脳に伝える痛覚 … 続きを読む

カテゴリ 2010年2月号, 記事

激痛の原因を探る 片頭痛の新薬を目指して

 片頭痛は世界で3億人を悩ませる慢性疾患だ。1997年に日本で行われた頭痛に関する大規模な疫学調査(対象約4万人)では,日本人の8.4%が片頭痛患者と推定される。月に1~2回の頻度で激しい痛みに襲われる人が多いが,頭痛が … 続きを読む

カテゴリ 2008年11月号, 記事

痛みのもとを狙い撃つ新薬

 身体がどのようにしてプロスタグランジンを作り出すかを明らかにしたサムエルソン(Bengt Samuelsson)は,1982年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。このホルモン様物質は生体内のさまざまな作用を調節するもの … 続きを読む

カテゴリ 2007年4月号, 記事

痛みを抑える 新薬開発の最前線

 現在使われている一般的な鎮痛薬は,何百年前の民間療法がもとになっている。アヘン剤はケシから,アスピリンはヤナギの樹皮から得たものだ。アスピリンの鎮痛効果には限界があり,激痛には効き目がない。アヘン剤はさらに強力な薬だが … 続きを読む

カテゴリ 2006年9月号, 記事

痛みをいやす毒 貝から生まれた鎮痛剤

 ある種の巻き貝が持つ毒素には痛みを抑える作用がある。この毒素をまねて人工的に作られた鎮痛剤が米国で実用化した。海洋生物は新薬を生む資源といえるかもしれない。    昨年12月末に米食品医薬品局(FDA)がアイ … 続きを読む

カテゴリ 2005年7月号, 記事

腰痛の新しい常識

 以下にあげるのは本文から抜粋した“腰痛の神話”だ。どれも,今では間違いだとわかったり,疑問視されている。   神話1椎間板ヘルニアがあれば,手術を受ける必要がある。どんな人が手術を受けなければならないか,医師 … 続きを読む

カテゴリ 1998年11月号, 記事