タグ : 生命

「地球最古の岩石」論争

 地球が生まれたのは46億年近く前のこと。初期の岩石がそのままの形で残っている例はごくまれで,最古とされる試料は39億2000万年前のものだ。ところが,カナダのヌヴアギツク・グリーンストーン帯という場所で新たに見つかった … 続きを読む

カテゴリ 2014年6月号, 記事

エクソムーン 系外衛星を探せ

 ケプラー宇宙望遠鏡は数多くの太陽系外惑星を発見しているが,その多くは木星や海王星のような大型ガス惑星で,生命が住むには適さない。しかし,太陽系の巨大ガス惑星と同様,はるか彼方の系外惑星も大型衛星を持つ可能性がある。もし … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

2つの太陽を持つ世界

 『スター・ウォーズ』のルーク・スカイウォーカーの故郷,惑星「タトゥイーン」は2つの太陽が沈む不思議な世界だ。では現実の宇宙でもタトゥイーンのような惑星,つまり2つの恒星が連なった「連星」に惑星が存在するのだろうか? 著 … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

特集:異端の太陽系外惑星

 太陽とは別の星の周りを回る惑星が最初に発見されて約20年。こうした太陽系外惑星は1000個以上も確認され,SFの世界だと思われた異色の惑星も見つかった。さらなる驚きの発見もあるだろう。   2つの太陽を持つ世 … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

偶然が生む生命の複雑性

 人間の眼のような精緻な仕組みがどう進化したのかは,ダーウィンその人にとっても謎だった。環境に適応したタイプが自然選択によって選ばれ続けることで,単純な構造から徐々に進化した──というのが標準的な説明だが,それ自体は生物 … 続きを読む

カテゴリ 2014年3月号, 記事

終末論に引かれるわけ

 21世紀になって10年が過ぎた。世紀末は遠いが,人類や地球の行く末に暗い影を感じる人は多いかもしれない。新型インフルエンザの世界的流行(パンデミック)でマスク姿の人々が街中にあふれたのはつい1年前。幸い犠牲者は少なかっ … 続きを読む

カテゴリ 2010年12月号, 記事

若い頭脳の挑戦を待つ 科学の課題

 「いま私が20歳だったら,こんな研究課題,こんな自然の謎に挑戦する」――。21世紀のアインシュタインたちに向けて,日本を代表するトップ科学者10人が若い頭脳に挑発メッセージをおくる。小柴昌俊氏や江崎玲於奈氏などノーベル … 続きを読む

カテゴリ 2004年5月号, 記事

知的生命体は永遠か

 世界のさまざまな宗教が「永遠の生命」を信仰の核においている。しかし,ここで論じられているのは,現実の世界,つまり宇宙における「永遠の生命」だ。    物理学者フリーマン・ダイソンは1979年に,永遠の生命につ … 続きを読む

カテゴリ 2000年4月号, 記事