タグ : 生命科学

“ヒ素細菌”は幻だった?〜日経サイエンス2012年9月号より

米国とスイスの2チームがNASA報告を検証    米国とスイスの2つの国際研究チームは,元素のリンがなくても生きる細菌がいるとの米航空宇宙局(NASA)などによる2010年の報告は間違いだとする論文を7月8日付 … 続きを読む

カテゴリ 2012年9月号, News Scan

歴代受賞者の言葉で読む生命科学

 本誌の提携誌SCIENTIFIC AMERICANの創刊は1845年。14の言語で出版され,500万人以上に読まれている。世界の第一線で活躍する研究者,科学ジャーナリストが執筆した記事がほとんどでノーベル賞受賞者の寄稿 … 続きを読む

カテゴリ 2011年11月号, 記事

樹上の宝

 小枝や草の茎から羊の毛,馬のしっぽの毛まで,鳥たちは様々なものを巣に編み込んで独自の世界を作り出す。だから,鳥たちが残した住みかは,彼らの生活と生息環境を知る手がかりとなる。古代の遺跡を通じて人類史を垣間見ることができ … 続きを読む

カテゴリ 2011年11月号, 記事

DNAの合成

私が共同研究者とともに,細胞が持つ酵素の助けを借りて細胞外で核酸を合成するのに初めて取り組んだのは1954年だった。その前年,ワトソン(James Watson)とクリック(Francis Crick)がDNAの二重螺旋 … 続きを読む

カテゴリ 2011年11月号, 記事

ミツバチの言語

この記事では,ミツバチが仲間たちに情報を伝える方法に関してフォン・フリッシュ(Karl von Frisch)が行った驚くべき実験について述べよう。   彼は初期の実験で,ミツバチが何らかのコミュニケーション手 … 続きを読む

カテゴリ 2011年11月号, 記事

生命の起源

最近,DNAやRNAと同じような遺伝物質が自然に生成した可能性が示された。またこれらの分子はさまざまな形に折り畳まれて原始的な触媒として働くので,タンパク質がなくても自分自身を複製して増殖できるようになったと考えられる。 … 続きを読む

カテゴリ 2011年11月号, 記事

「長生き遺伝子」の秘密を探る

 老化は経年変化による疲弊で,修復不能なものなのだろうか? 著者らはそうではないと考えている。生体には防御や修復作用を維持する遺伝子があり,年齢とは無関係に働くので,これらの遺伝子を長期にわたって活性化すれば,健康を維持 … 続きを読む

カテゴリ 2006年5月号, 記事