タグ : 水素吸蔵合金

燃料電池車を満タンにするには

 シャルルの法則にその名を残すフランスの物理学者シャルル(Jacques Charles)は,1783年の晩夏のパリで驚くべき実験をやってみせた。ゴムで覆った絹製の気球に空気より軽い水素を詰め,上空3000フィート(約9 … 続きを読む

カテゴリ 2007年7月号, 記事

水素社会を実現するには

 素燃料電池車は有力な選択肢だ。安全で,高価でなく,耐久性があり,連続走行距離の長いモデルを開発できれば,商品として十分に可能性がある。また,大量の水素をガソリンに対抗しうる価格で供給することも可能。配送・供給の基盤整備 … 続きを読む

カテゴリ 2006年12月号, 記事

水素時代を支える主役になれるか

 1997年から1999年にかけて,ナノカーボンに水素が重量比で10%以上も吸着するという衝撃的な実験結果が相次いで報告された。これはニッケル・マグネシウム合金など過去に知られていた水素吸蔵合金の貯蔵量の約5倍。水素エネ … 続きを読む

カテゴリ 2002年8月号, 記事