タグ : 情報技術

病理診断デジタル時代

 病理組織試料を検査するやり方は100年以上も相変わらずだ。遅ればせながら,旧態依然の病理学をリメイクする試みが始まった。    現在,毎年何億枚もの病理スライドが作成され,昔ながらのやり方で扱われている。組織 … 続きを読む

カテゴリ 2010年8月号, 記事

メディアビジネスを変える ネットTVの衝撃

 ソファに座ってリモコンのボタンを数回押すだけで,新作映画でも,先週見逃した人気テレビ番組でも,望みの動画エンターテインメントを楽しめる……。多くのメディアがデジタル化し,先進国ではブロードバンド通信が電力や水道といった … 続きを読む

カテゴリ 2010年2月号, 記事

サイドチャネル 盗み見られるあなたのパソコン

 ウイルス対策ソフトもファイアーウォールも,フィッシング対策も万全。これでパソコンの安全対策は完璧だ……と,思ってはいないだろうか。実は大きな落とし穴がある。こうした対策は,パソコンやネットワークの中にある情報しか守れな … 続きを読む

カテゴリ 2009年9月号, 記事

プライバシーに無分別な若者

 米国では大学生のほとんどが自分のサイトを持ち,多くがFacebookやMySpaceといったソーシャルネットワーキング・サービス(SNS)に参加している。そこでは誰もが自分のプロフィールや日々の生活を書きつづり,写真や … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

特集:ネットが蝕むプライバシー ITとテロの時代に

プライバシーをめぐって寒風が吹いている。変わることなく保護されるものと思われていたプライバシーの領分が,技術の進歩と反テロリズムという“至上命令”によって劇的に,そしておそらくは後戻りできない形で変わろうとしている。 & … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

プライバシー2.0を考える

 現代社会で一般市民のプライバシーが侵害されていることは疑いようがない。今日,ほとんどの米国人はネットでつながっており,そして多くの人は「いったいどうやって,私に関するそんな事実を知ったんだ?」と思った経験が一度ならずあ … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

諜報活動が変わる

 昔から密談には盗聴がつきものだった。応接間で重要な話し合いが行われると,誰かが軒下にこっそり忍びこんで盗み聞きしたものだ。電話が普及すると,通話が盗聴されるようになった。そして現在では,非常に多くのやりとりがサイバー空 … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

遺伝情報をどう守るか

 遺伝子検査が急激に普及し,狙われやすいデータが人々の医療記録に付け加わる日が間もなくやってくる。個人の詳細な健康データを知りうるようになれば,健康保険会社や生命保険会社は厄介な病気を抱えている人の保険加入を拒否,雇用主 … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

全世界の情報,統合せよ!

 クレジットカード決済から携帯電話の通話記録まで,全個人情報を1つのデジタルファイルにまとめるのは超管理社会の悪夢につながる。しかし,データベースを結びつける「データ融合」は多くの人が思っているほど簡単ではない。現実のデ … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

ICタグとプライバシー

 遠くからでも情報を読み取れる運転免許証が米国で交付され始めた。この免許証には無線ICタグ(RFID)が内蔵され,財布やポケットに入っていても約10m離れたところからICタグ情報を正確に読み取ることができる。タグには固有 … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

匿名性を保つ暗号技術

 ネット上では,のぞき見や盗み聞きが横行している。誰と話したか,何を話したかを盗聴者に知られないようにするには技術はネット社会では不可欠だ。暗号技術を使えば,通信に関連するほとんどすべてのタスクを秘密裏に実行できる。 & … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

セキュリティーを高めるには

 「誰が監視を監視するのか」という古代ローマの格言があるが,今日,情報ネットワークシステムの監視を担うセキュリティー企業については,そのような心配は無用だ。セキュリティー企業は常にライバル企業やユーザー,ハッカーの厳しい … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

ここまで来た生体認証

 読者の多くは,何枚ものカードと本人確認用のパスワードの山に頼って日々の生活を送っていることだろう。そんな日常で,カードを紛失するとATMから現金を引き出せなくなる。パスワードを思い出せないとコンピューターも言うことを聞 … 続きを読む

カテゴリ 2008年12月号, 記事

マウスよさらば マルチタッチスクリーン

 「マルチタッチスクリーン」を使えば,マウスやキーボードなしで効率よい共同作業を実現できそうだ。いずれマウスに代わってインターフェースの主流となる可能性を秘めている。    昨年に登場したアップルの携帯電話iP … 続きを読む

カテゴリ 2008年10月号, 記事

ICタグのプライバシーを守れ〜日経サイエンス2007年9月号より

盗み見を防ぐ“防御タグ”が提案されている    ICタグ(RFID)は個人の行動を事細かに追跡する手段にもなりうるので,プライバシー保護の観点から懸念を招いてきた。ハイウェイのEZパス(米国の高速道路料金後払い … 続きを読む

カテゴリ 2007年9月号, News Scan