タグ : 宇宙物理学

迫る! 北米横断日食

 米国では来る8月21日(日本時間22日),西海岸のオレゴン州から東海岸のサウスカロライナ州に至る細い帯状の範囲で皆既日食が見られる。皆既帯が米国を横断する日食は1918年以来で,大いに盛り上がりそうだ。だが,日食はただ … 続きを読む

カテゴリ 2017年9月号, 記事

How to Swallow a Sun / 星を引き裂く姿 潮汐破壊現象

At the heart of our Milky Way and of virtually every other large galaxy lurks a deep cosmic mystery—a supermassive black hole. Squeezing millions to billions of times more mass than our sun into reg … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 英語で読む日経サイエンス

ブラックホール連星の起源に新説〜日経サイエンス2016年10月号より

重力波の源は宇宙誕生直後にできた原始ブラックホールかもしれない   昨年9月,史上初めて直接検出された重力波は約14億光年彼方でブラックホール連星が合体した際に放出されたものだが,こうしたブラックホール連星の起 … 続きを読む

カテゴリ 2016年10月号, SCOPE & ADVANCE

アイスキューブ 南極でニュートリノを捉える

 アイスキューブは南極点の氷床深部に建設されたニュートリノ観測施設だ。ニュートリノは物質粒子とほとんど相互作用しないので,通常は氷床中を素通りするが,氷を構成する原子核と,ごくまれに反応して発光現象が起きる。アイスキュー … 続きを読む

カテゴリ 2016年1月号, 記事

Mystery of the Hidden Cosmos / ダーク銀河の謎

The beautiful spinning pinwheel of the Andromeda galaxy, our celestial neighbor, poses a mystery. The breakneck speed of its rotation cannot be explained by applying the known laws of physics to the d … 続きを読む

カテゴリ 2015年10月号, 英語で読む日経サイエンス

天の川銀河の巨大バブル

 宇宙には短波長の電磁波,ガンマ線で輝く天体があり,それを探る超高性能の人工の眼がフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡だ。広い視野を持ち3時間で全天を観測できる。その観測データを解析していた著者らは天の川銀河の中心から銀河円盤に … 続きを読む

カテゴリ 2015年2月号, 記事

ちらりと見えた? 暗黒物質〜日経サイエンス2014年9月号より

銀河中心からの謎のガンマ線は暗黒物質粒子を示す初の信号かもしれない    暗黒物質は宇宙で最もわかりにくく,とらえどころのない構成要素だといえる。全宇宙の質量・エネルギーの約1/4を占めている可能性があるが,実 … 続きを読む

カテゴリ 2014年9月号, SCOPE & ADVANCE

銀河からの逃走~日経サイエンス2014年2月号より

高速で駆け抜けていく星を調べれば暗黒物質に関する手がかりを得られる可能性がある    恒星はどれもみな動いているが,なかには他の星より少し元気のよいものがある。近年,移動速度が非常に高く,いずれ銀河系から完全に … 続きを読む

カテゴリ 2014年2月号, SCOPE & ADVANCE

巨大ブラックホールと生命

 一般的に銀河の中心には超大質量ブラックホールが存在し,周囲の物質を吸い込むと同時に,莫大な量のエネルギーを放出している。超大質量ブラックホールの活動は,母銀河に驚くほどの影響を及ぼし得る。活動が激しすぎたり,穏やかすぎ … 続きを読む

カテゴリ 2012年11月号, 記事

宇宙100兆年の未来

「ミルコメダ」という名前の銀河を知っている人はほとんどいないだろう。私たちの天の川銀河と,現在は250万光年離れている“お隣の銀河”,アンドロメダが数十億年後に衝突して生み出される超巨大銀河のことだ。今や天文学者は数十億 … 続きを読む

カテゴリ 2012年6月号, 記事

The Dark Side of the Milky Way / うねる銀河系 暗黒物質の知られざる働き

Although astronomers only slowly came to realize dark matter’s importance in the universe, for me personally it happened in an instant. In my first project as a postdoc at the University of Californ … 続きを読む

カテゴリ 2012年1月号, 英語で読む日経サイエンス

うねる銀河系 暗黒物質の知られざる働き

 太陽系は,星が渦巻く巨大な銀河円盤の中にある(天の川は銀河円盤を,その内側から見た姿だ)。近年の研究によって,差し渡しが10万光年もある銀河円盤が,ハンマーで叩かれたゴングのように振動していることがわかってきた。 &n … 続きを読む

カテゴリ 2012年1月号, 記事

星の周期表

 夜空に輝く星々は決まった色と明るさを持っている。星の色は表面温度の反映だ。そこで横軸を色(温度),縦軸を明るさにとり,それぞれの星を配置すると1つのグラフができる。これを「ヘルツシュプルング・ラッセル図」(HR図)とい … 続きを読む

カテゴリ 2011年10月号, 記事

銀河はどこへ行った?

 宇宙を構成する物質(エネルギー)のほとんどは正体不明の暗黒エネルギーと暗黒物質が占め,星々さらには私たちを形作っている普通の物質は全体の4%にすぎないことがわかってきた。だが,この“4%” についても大きな謎がある。銀 … 続きを読む

カテゴリ 2011年8月号, 記事

X線望遠鏡NuSTAR

 これまでの米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡では,高エネルギーX線を収束してクリアな高品質画像を作ることはできなかった。2012年前半に打ち上げられる宇宙望遠鏡NuSTAR(Nuclear Spectroscopic … 続きを読む

カテゴリ 2011年7月号, 記事