タグ : 天文学

宇宙膨張の歴史を明かす銀河地図

 ダグラス・アダムスのSF小説『銀河ヒッチハイク・ガイド』(風見潤訳,新潮社)にあるように「宇宙は大きい。(中略)にわかには信じられぬほど広く,大きく,茫漠としている」。私たち著者を含め多くの天文学者はそんな宇宙のできる … 続きを読む

カテゴリ 2021年12月号, 最新号の紹介, 記事

Alien Moons / 発見目前? 系外惑星の月

In 1655 Dutch astronomer Christiaan Huygens set up a refractor telescope of his own construction and aimed it at Saturn. He thought the planet was encircled by a single solid ring and planned to obser … 続きを読む

カテゴリ 2021年11月号, 英語で読む日経サイエンス

南部陽一郎の 「対称性の自発的破れ」から半世紀 宇宙の暗黒に迫る

 宇宙のほとんどは暗黒物質と暗黒エネルギーという正体不明の存在でできている。この宇宙の暗黒セクターは,素粒子物理学のベースである「標準理論(標準モデル)」が直面する問題と深いつながりがある。そうした問題を解く有力な考え方 … 続きを読む

カテゴリ 2021年11月号, 記事

発見目前? 系外惑星の月

 太陽以外の恒星を周回する系外惑星が数多く発見され,今度はそれらが従える「系外衛星」の発見を目指す競争が始まっている。2018年以降,有望な候補天体が数個発見されているが,いずれも未確認だ。近く打ち上げられる予定のジェー … 続きを読む

カテゴリ 2021年11月号, 記事

最初の星を探せ 日本発の宇宙望遠鏡計画

宇宙で最初に誕生した星や銀河を観測しようと,天文学者は新しい望遠鏡の導入や観測装置・技術の革新を続けてきた。2020年代に米欧が打ち上げる宇宙望遠鏡は,こうした「宇宙の一番星」に迫ることはできるが,それでも観測能力は十分 … 続きを読む

カテゴリ 2021年10月号, 最新号の紹介, 記事

Too Big for the Universe / 大きすぎる120億年前の銀河団

Just like trees, people and stars, galaxies have life cycles. A galaxy is born when enough gas and stars coalesce to form a coherent structure—perhaps it starts as one cloud of gas and slowly gather … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, 英語で読む日経サイエンス

特集:宇宙幼年期の謎

 大型望遠鏡による観測が進み,誕生から10億~20億年しかたっていない宇宙幼年期の様子がわかってくるにつれて天文学者は頭をひねるようになった。銀河と銀河団は誕生当初は小ぶりで,数十億年をかけて徐々に成長していくと考えられ … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, 記事

大きすぎる120億年前の銀河団

現在の宇宙では,星形成を終えた楕円銀河が多数集まって銀河団を形成している。近年,新たな望遠鏡の登場で,これらの銀河団の“祖先”に相当する遠方の「原始銀河団」を詳細に観測できるようになった。   原始銀河団の1つ … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, 記事

Explosions at the Edge / 天文学の常識を覆す 大質量星の様々な最期

On September 9, 2018, a robotic telescope on its routine patrol of the night sky detected what looked like a new star. Over the next few hours, the “star” grew 10 times brighter, triggering a flag … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, 英語で読む日経サイエンス

天文学の常識を覆す 大質量星の様々な最期

 恒星の最期はほぼその質量によって決まると考えられてきた。大質量星においても,質量範囲が異なれば,異なるタイプの超新星爆発が起こり,異なる最終生成物が残るとされてきた。だが最近,変わった超新星の発見が相次いでいる。残存天 … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, 記事

はやぶさ2計画 リュウグウのサンプルから原始太陽系に迫る

探査機「はやぶさ2」計画の最終段階となる小惑星「リュウグウ」のサンプルの初期分析が2021年6月から本格的に始まる。サンプル総量は5.4gで,これは最低必要量の50倍超になる。分析には14カ国109大学・研究機関の269 … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, 記事

量子情報で解き明かす重力理論

一般相対性理論と量子力学を統合する量子重力理論の研究が,量子情報理論との関係の深まりを受けて急進展している。「ブラックホールの情報パラドックス」の解決の糸口が見つかり,最も基本的な対称性が量子重力理論では破れていることが … 続きを読む

カテゴリ 2021年6月号, 記事

Interstellar Interlopers / 太陽系外からの使者 オウムアムアとボリソフ

Late in the evening of October 24, 2017, an e-mail arrived containing tantalizing news of the heavens. Astronomer Davide Farnocchia of NASA’s Jet Propulsion Laboratory was writing to one of us (Jewi … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, 英語で読む日経サイエンス

太陽系外からの使者 オウムアムアとボリソフ

 2017年,恒星間天体が初めて観測された。ハワイ語で「遠方からの使者」を意味する「オウムアムア」と名づけられたこの天体は,細長い形状をしているなど多くの点で予想に反していた。一方,2例目の「ボリソフ」は恒星間天体として … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, 記事

真空エネルギーと暗黒エネルギーは折り合えるか

宇宙の加速膨張が約20年前に見いだされ,斥力を及ぼす暗黒エネルギーが宇宙に満ちていることが明らかになった。 暗黒エネルギーは一般相対論ではアインシュタインが導入した宇宙定数として,量子力学では理論的に存在が予想される真空 … 続きを読む

カテゴリ 2021年4月号, 記事