タグ : 天体物理学

時空に刻まれた溝〜日経サイエンス2006年5月号より

1990年代半ばを最後に活動が止まっていたブラックホールが最近再び活発化し,ブラックホールの自転を推定するのに使われてきた仮定が裏づけられた。自転は質量とともにブラックホールの重要な特性だ。物質がブラックホールの周囲で渦 … 続きを読む

カテゴリ 2006年5月号, SCOPE & ADVANCE

ブラックホールになれない巨大星〜日経サイエンス2006年3月号より

 ブラックホールはこれまで予想されていたよりも形成しにくいもののようだ。    理論計算によると,質量が太陽の約25倍以上ある星は超新星爆発を起こした後にブラックホールになり,それよりも質量の小さい星は高密度で … 続きを読む

カテゴリ 2006年3月号, SCOPE & ADVANCE