タグ : 多能性幹細胞

終わらないSTAP問題

理研は小保方氏の不正を認定する一方,疑義の全貌解明には尻込み 日経サイエンス    5月8日,理化学研究所再生・発生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子研究ユニットリーダーの不服申し立てを却下し,同士がS … 続きを読む

カテゴリ 2014年7月号, SCOPE & ADVANCE

STAP細胞は存在したのか

体の細胞を酸で刺激するだけで初期化し,あらゆる細胞になることができる新しい多能性幹細胞「STAP細胞」を作った——。理化学研究所がそう華々しく発表したのは1月末のことだ。生物学の常識を覆し,新たな研究分野が開けるとの期待 … 続きを読む

カテゴリ 2014年6月号, 記事