タグ : 医療

副作用を生き抜くための薬〜日経サイエンス2008年8月号より

テロ対策として始まった米国の医薬品開発が放射線治療対策として実を結ぶかもしれない      9.11同時多発テロ以降,米国議会は放射性兵器によるテロを懸念した。通常爆薬の周りに放射性物質を充填し,爆発 … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

ALSの進行を抑える

 ALSは正式には筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis, ALS)と呼ばれるが,米国ではむしろルー・ゲーリック病として知られている。ルー・ゲーリック(Lou Gehrig)はニュ … 続きを読む

カテゴリ 2008年2月号, 記事

胎児期の健康が重要〜日経サイエンス2006年12月号より

 子宮内での健康状態が悪かった胎児は大人になってから慢性疾患になるという「胎児期起源仮説」があり,一時的な飢餓状態を経験した胎児については確かにあてはまる。さらに,コロンビア大学の経済学者アーモンド(Douglas Al … 続きを読む

カテゴリ 2006年12月号, News Scan

熱すると抗ガン剤を放出〜日経サイエンス2006年9月号より

 熱を加えると壊れる微小カプセルに抗ガン剤を入れ,患者に投与して体外から温めることで,病巣だけに抗ガン剤を放出する──。そんなドラッグデリバリーシステム(DDS)を大阪市立大学の河野健司(こうの・けんじ)教授らのグループ … 続きを読む

カテゴリ 2006年9月号, News Scan

自分でできる水虫診断〜日経サイエンス2006年4月号より

菌に反応する抗体を使った簡易キットを開発    水虫かな?と思ったら,自分で病変部の皮膚や爪を少し削り取り,小さな試験管に入れる。アルミ袋から試験紙を取り出し,試験管に3秒浸すと,5分後には判定結果が出る。試験 … 続きを読む

カテゴリ 2006年4月号, News Scan

胸部大動脈瘤 破裂の危機を避けるには

 大動脈瘤(りゅう)は心臓から血液を送り出す大動脈にできるこぶ状の膨らみだ。自覚症状のないまま拡大し,突然破裂したり解離(血管壁が2層に剥がれて血液が漏れ出る)を起こすという命にかかわる病気だ。患者や医師にとっては時限爆 … 続きを読む

カテゴリ 2005年11月号, 記事

脳を電磁刺激する

 神経科学の分野では,脳内の神経細胞を活性化させる方法としてさまざまな電磁気刺激が使われている。頭皮に電極を直接取り付ける電気けいれん療法(ECT)が最も有名だが,この方法はいくつかの問題を抱えている。 これに対し,脳の … 続きを読む

カテゴリ 2003年12月号, 記事

黄斑変性症の治療に挑む

 急激な視力低下を招く黄斑変性症は網膜の中で視細胞が集中する黄斑部が壊れる病気だ。高齢者を襲うこの恐ろしい病気の原因が解明されつつある。黄斑変性症の患者は米国では約200万人がかかっているという。ヒトの体の中で,わずか直 … 続きを読む

カテゴリ 2002年1月号, 記事