タグ : 医学

特集:コロナ後遺症

新型コロナの国内の感染者数は累積で2000万人を超えた。感染者のうち20人に1人以上が発症する後遺症は,もはや誰にとっても他人事ではない。コロナ後遺症は患者によって様々な症状が起こり,そのことが後遺症の根本にあるメカニズ … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, 最新号の紹介, 記事

コロナ後遺症が変えた慢性病のとらえ⽅

パンデミックが始まって2年になるが,コロナ後遺症はいまだにその最大の脅威のひとつであり続けている。初期の推定値によると,国を問わず,ワクチンを接種しないまま感染した人の10~50 %が後遺症を発症していると考えられる。感 … 続きを読む

カテゴリ 2022年6月号, 記事

理解されない苦しみ ある患者の闘い

あの朝のことは,今でもよく覚えている。私はジムに行く支度をしていた。新品のスポーツウエアを身につけて玄関を出ようとしたとき,私は両足の太ももに激しく焼けるような感覚を覚えた。両足が見る見るうちに赤い大きな発疹に覆われ,私 … 続きを読む

カテゴリ 2022年3月号, 記事

反逆する体

友人ジョンの妹アニーは,11歳のときに病気になった。当時,私もたいして違わない年齢だったので,全身性エリテマトーデスという彼女の病気がどれほど大変なのかはよくわからなかった。それは自身の免疫細胞が体を攻撃する病気で,腎臓 … 続きを読む

カテゴリ 2022年3月号, 記事

データで見る自己免疫疾患

ドイツの免疫学者エールリヒ(Paul Ehrlich)にとって,外来の病原体から身を守るために進化した免疫系がその生物自身を攻撃するという考えはナンセンスに思えた。後にノーベル生理学・医学賞を受賞するこの免疫学者は190 … 続きを読む

カテゴリ 2022年3月号, 記事

特集:自己免疫疾患

1型糖尿病,多発性硬化症,関節リウマチ,バセドウ病。それぞれ症状はまったく違うが,1つの共通点がある。それは,本来は体を守るはずの免疫機構が自身の体に牙を剥き,臓器や組織を攻撃することによって引き起こされる自己免疫疾患だ … 続きを読む

カテゴリ 2022年3月号, 記事

循環DNAで病気を早期発見〜日経サイエンス2021年12号より

隠れた問題を探る新たな血液検査   腫瘍や成長中の胎児を含め,体内組織のどこかで細胞が死ぬと,そのDNAのかけらが血流に入る。これら循環DNAの発生源を特定する新たな検査法が開発された。隠れたがんの発見や,臓器 … 続きを読む

カテゴリ 2021年12月号, SCOPE & ADVANCE

検査もできる使い捨てマスク〜日経サイエンス2021年12号より

新型コロナ対策にうってつけ   マスク着用と検査は新型コロナウイルス感染症対策の要だが,この2つをまとめて実行するデバイスが登場しそうだ。ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の研究者が合成生物学の技術を使っ … 続きを読む

カテゴリ 2021年12月号, SCOPE & ADVANCE

腎臓結石の地質学〜日経サイエンス2021年11月号より

結石は自然界の岩石と同様に部分的な溶解と再形成を繰り返している 腎臓結石の形成過程が,地質学という意外な分野の助けを得て,初めて明らかになりつつある。この学際的枠組みと最新鋭の顕微鏡,結石を実験室で成長させる新装置を組み … 続きを読む

カテゴリ 2021年11月号, SCOPE & ADVANCE

がんや難病 新たな治療戦略

 mRNAワクチンは新型コロナウイルス感染症との戦い方を一変しただけでなく,「mRNA医薬」という医薬品の新たなジャンルを開いた。  mRNA(メッセンジャー RNA)とはDNAがタンパク質を作る過程で生じる中間生成物で … 続きを読む

カテゴリ 2021年11月号, 記事

特集:mRNAワクチン

 新型コロナウイルス感染症は,変異ウイルスの登場で今後どれだけ流行を抑えられるかが不透明になっている。しかし,免疫とこのウイルスの関係について,今後の戦略を考える手がかりとなる研究成果がいくつか報告され始めている。はっき … 続きを読む

カテゴリ 2021年11月号, 記事

人を襲うカビ 真菌感染症 COVID-19で高まるリスク

米疾病対策センター(CDC)の部門長で真菌類を専門とするチラー(Tom Chiller)は,パンデミックが始まった当初からCOVID-19の患者が真菌感染症を併発する可能性を危惧していた。中国人科学者によって国際的な学術 … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, 記事

失った手を取り戻す 移植手術でわかった神経の可塑性

 世界には手の移植を受けた人が100人近くいる。感染などで再び切除せざるを得ないこともあるが,中には20年以上使い続けている人も。手を失うと,脳の運動野や感覚野の一部が変化して健常なときのようには機能しなくなるが,新たな … 続きを読む

カテゴリ 2021年9月号, 記事

骨オルガノイドが登場〜日経サイエンス2021年8月号より

実際の骨形成を反映した初のモデル    医学研究において,実験室で育てたオルガノイド(臓器の構造と機能を模した小さな細胞組織)の有用性はますます高まっている。脳や肺などの臓器については何年も前からそうした小型モ … 続きを読む

カテゴリ 2021年8月号, SCOPE & ADVANCE

拒絶反応を血液検査で検知〜日経サイエンス2021年7月号より

心臓移植患者の血中に放出されたドナー由来のDNAを追跡する  心臓移植は手術を受けるだけでも大変だが,数カ月後に免疫系が移植臓器を攻撃し始める場合があり,そうなると致命的だ。医師は拒絶反応の兆候である炎症をチェックするた … 続きを読む

カテゴリ 2021年7月号, SCOPE & ADVANCE