タグ : 光学

宇宙での光通信〜日経サイエンス2021年5月号より

遠く離れた探査衛星からのデータ通信容量を拡大 新たなレーザー技術は深宇宙通信の質を高め,最後のフロンティアの開拓を容易にする可能性がある。 現在の宇宙通信の多くは電波による無線信号に頼っている。だが無線信号は光その他の電 … 続きを読む

カテゴリ 2021年5月号, SCOPE & ADVANCE

ブロッケン現象の科学

 太陽を背にして,山の上や飛行機から雲を見下ろすと,運がよければ,雲に映った影の周りに多色の輝くリングを見ることができる。「ブロッケン現象」だ。この輝くリングは虹と同様,雲を構成している小さな水滴が作り出している。ただ, … 続きを読む

カテゴリ 2012年4月号, 記事

コイン大の顕微鏡〜日経サイエンス2009年1月号より

 10セント硬貨大のレンズなし顕微鏡で,血液中のがん細胞や寄生虫を素早く,しかも安価に探せるようになるかもしれない。カリフォルニア工科大学のヤン(Changhuei Yang)らが作ったこの小型装置では,細い流路に液体試 … 続きを読む

カテゴリ 2009年1月号, SCOPE & ADVANCE

液体ズームレンズ〜日経サイエンス2007年12月号より

レンズを動かさない超小型ズームのアイデアが登場    カメラマニアの間で人気のズームレンズも,携帯電話や小型デジタルカメラには大きすぎる。そこで,セントラルフロリダ大学の光学教授であるウー(Shin-Tson … 続きを読む

カテゴリ 2007年12月号, SCOPE & ADVANCE

新原理のカラー表示〜日経サイエンス2007年1月号より

三原色を組み合わせるのではなく,小さな回折格子を変形させる    将来のテレビやコンピューターの画面は人工筋肉(電場によって伸縮するプラスチック)のおかげで本物そっくりの色を出せるようになるかもしれない。今後1 … 続きを読む

カテゴリ 2007年1月号, SCOPE & ADVANCE

デジカメに“目つぶし”〜日経サイエンス2006年11月号より

デジタルカメラの目を一時的にくらませるセキュリティーシステムが登場するかもしれない。この方法はデジカメが使っている画像センサーの「逆反射」という性質を利用する。センサーで反射された光は散乱せず,入射経路と平行に元の場所に … 続きを読む

カテゴリ 2006年11月号, SCOPE & ADVANCE