タグ : 人工知能

特集:AIの新潮流

機械学習の目覚ましい進展を背景に人工知能(AI)研究が活気づいている。最近注目されているのは,幼児が知識を獲得する際の学習方法をAIに応用する研究だ。子供は新しい知識を身につける際にボトムアップとトップダウンの2方向の学 … 続きを読む

カテゴリ 2018年2月号, 記事

子どもの脳に学ぶAI

人工知能(AI)の専門家は世の中の様々なことを機械に教える方法を開発するために,未就学児の推論能力について研究している。2つの競合する機械学習法によって,学問分野としてのAIが一変し始めた。1つはディープラーニング(深層 … 続きを読む

カテゴリ 2018年2月号, 記事

クルマ社会から駐車場をなくす

自律走行車の研究開発が熱を帯びている。運転の手間を省き,安全性も高めようというのが主な狙いだが,各種のセンサーを備えた自律走行車は都市の姿そのものを一変させるだろうと著者たちはみる。ライドシェアと組み合わせて自律走行車が … 続きを読む

カテゴリ 2017年11月号, 記事

本当に賢いAIを見分ける新チューリングテスト

チューリングテストに“13歳”の人工知能が合格──3年前に話題になったニュースだ。あるコンピューターが,質問に直接には答えない嫌味な13歳の少年「ユージーン・グーツマン」を装うことでテストに“合格”したとされた。チューリ … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 記事

「ノー」と言えるロボット

知恵をつけたロボットが人間の命令を聞かずに反乱を起こし,逆に人間を支配する──古典的なSF物語だが,人工知能(AI)の急進展で絵空事とも思えなくなってきた。しかしこの記事の著者は,当面その心配はない代わりに,もっと切実な … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

SCIENTIFIC AMERICANが選ぶ10大イノベーション

世界を大きく変える可能性を秘めた発見・発明が年ごとに出現する。SCIENTIFIC AMERICANはそうした事例を毎年いくつか選んで紹介してきた。2016年に注目された10件をリポートする。大気中から二酸化炭素を吸って … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

人間性の黄金律

「人工知能が人知を超える」「脳の神経接続をロボットにアップロードすることで一種の“不死”を達成できるようになる」──と確信する科学者もいれば,それは不可能と考える科学者もいる。いずれにせよ,そうした究極の事態が人類をどの … 続きを読む

カテゴリ 2017年1月号, 記事

スーパーAI恐るべし?

人間よりも賢いコンピューターを作るとまずいのではないか,という厄介な疑念から逃れるのは難しい。機械が邪悪な意識を自然に発達させて殺人ロボット軍団を指揮するというハリウッド流の筋立ては完全にばかげているものの,うっかりする … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

完全な自動運転車はできるか

自動車業界とマスコミは自動運転車の実力を誇大に述べてきた。路上でのちょっとした出来事もコンピューターには対応の難しい大問題で,ロボット運転手の実現は何十年も先だ。人間の助力に頼る自動化システムは特に問題含みだ。しかし,特 … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

爆発的に進化するディープラーニング

人工知能(AI)が本格的な研究分野としてスタートしたのは1950年代半ばのことで,当時の研究者たちは,自分たちが現役のうちに人間の知能を模倣できるようになると考えていた。しかし,当時のアルゴリズムと計算能力では人間の知能 … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

あなたの好み探します 実力高まる人工知能

 グーグルなどの検索エンジンはネットユーザーにとって今やなくてはならない道具だが,もう1つ,あまり意識されていないがすでにかなりの人がお世話になっているのが「推奨エンジン」だ。大量のデータを解析し,データどうしの間を結び … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

聖徳太子に近づくコンピューター

 ざわめくパーティー会場をそぞろ歩くうち,気になる言葉が耳に入り,ついつい聞き耳を立ててしまった経験をお持ちの方もいるだろう。複数の人が話しているなかから,1つの話を拾い出す音声認識は,コンピューターの不得意分野の1つだ … 続きを読む

カテゴリ 2011年9月号, 記事

人工知能の意識を測る

 意識を持つコンピューターや人間のようなロボットは小説や映画でおなじみだが,もちろん現実世界にはまだ登場していない。だが,将来のことはわからない。機械が知的存在として目覚めたとき,人類に対してどんな行動に出るのだろう?  … 続きを読む

カテゴリ 2011年9月号, 記事

ワトソン君,卒業試験をパス~日経サイエンス2011年5月号より

クイズ王に圧勝した人工知能が次に挑むのは?    IBMが4年がかりで開発した人工知能「ワトソン」が,米国の人気クイズ番組「ジョパディ」の世界チャンピオンと2月に対決して圧勝した。ワトソンのクイズ番組出演は3夜 … 続きを読む

カテゴリ 2011年5月号, News Scan

研究するロボット

 科学的発見の達成を自動化することは可能だろうか? 実験を自動化するという意味ではない。新たな科学的知識を発見できる機械を作ることは可能か,つまり“科学者ロボット”を作れるか,という意味だ。私は共同研究者とともに,その開 … 続きを読む

カテゴリ 2011年4月号, 記事