タグ : ホルモン

性転換除草剤〜日経サイエンス2010年7月号

広く使われている「アトラジン」がカエルの性発達を混乱させるようだ    米国の農地は除草剤のアトラジンまみれだ。この無臭の白い粉が約3万6000トンもまかれている。毎年ざっと225トンが空中に舞い上がり,散布地 … 続きを読む

カテゴリ 2010年7月号, SCOPE & ADVANCE

テストステロンで付き合い上手?〜日経サイエンス2010年4月号より

“攻撃ホルモン”と人間の心理は単純ではなさそう    いわゆる男性ホルモンの1つとして知られるテストステロン。体内を多量のテストステロンが循環しているほうが,リスクが高くて攻撃的な決定をする──というのは本当だ … 続きを読む

カテゴリ 2010年4月号, SCOPE & ADVANCE

選挙と闘争ホルモンの関係〜日経サイエンス2010年3月号より

支援候補が落選すると自分まで気が弱くなるわけ    勝者がいて敗者がいるという点で,政治はスポーツに似ている。この類似性が,テストステロン(あるいはその欠如)によって生物学的に証明された。支援候補が落選した男性 … 続きを読む

カテゴリ 2010年3月号, SCOPE & ADVANCE