タグ : プルトニウム

どこへいく放射性廃棄物 ユッカマウンテンを捨てた米国政策の行方

 米ネバダ州のラスベガスの北西に広がる砂漠地帯にユッカマウンテンがある。原子力発電所から出る核のゴミ(使用済み燃料)を埋設する場所に選ばれ,90億ドル(約1兆円)もの公費が投じられた。ところが,オバマ政権になって,その決 … 続きを読む

カテゴリ 2010年2月号, 記事

核燃料リサイクルを再考する

 昨今,天然ガスや原油の価格がうなぎ登りに高騰し,化石燃料の燃焼による温暖化ガスの排出に対する人々の反対もますます強くなっている。そんな中,米国では再び原子力発電に注目が集まっている。だが,解決しなければならない問題が山 … 続きを読む

カテゴリ 2008年10月号, 記事

核燃料完全リサイクルへの挑戦

 一般の人々の間には,原子力の安全性に対する根強い懸念がある。しかし,大容量の発電を行う方法としては,原子力発電は最も環境負荷が少ないということは徐々に理解されるようになってきた。実際,ブラジル,中国,エジプト,フィンラ … 続きを読む

カテゴリ 2006年3月号, 記事