タグ : ノーベル生理学・医学賞

生理学・ 医学賞:低酸素環境に応答するメカニズムの解明

アスリートが高地トレーニングによって身体を鍛えるように,私たちの体は酸素の薄い環境に徐々に適応する能力を持っている。私たちは五感で直接捉えられない酸素の量を一体どうやって感知し,順応しているのだろうか。2019 年のノー … 続きを読む

カテゴリ 2019年12月号, 記事

空間を把握する脳のメカニズムを解明

 私たちはなぜ,自分が「ここにいる」とわかるのだろうか? 昨日とは違う部屋の中にいるとか,同じ部屋の中でも隅っこにいるとか,一体どのように判断しているのだろう。    今年のノーベル生理学・医学賞は,動物が空間 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 記事

最初のリプログラミング実験

 この記事は2012年のノーベル生理学・医学賞に決まったJ. B. ガードン博士がE. M. デ・ロバーティス米カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授と共同執筆した記事の再録である。今回の最大の授賞理由となった体細胞核の遺 … 続きを読む

カテゴリ 2012年12月号, 記事

ガードンから山中へ

 動物の身体は,もとをただせば1個の受精卵だ。これが分裂を繰り返し,皮膚,心臓,神経など,特定の形と機能を持った細胞に分化して成熟する。このプロセスの中で,細胞は不要な遺伝子を捨てていくのか,それとも持ち続けているのか? … 続きを読む

カテゴリ 2012年12月号, 記事

2012年ノーベル賞 山中伸弥京大教授 iPS細胞で栄誉

 山中伸弥京都大学教授に2012年のノーベル生理学・医学賞が授与されることが決まった。身体の細胞がたどってきた分化のプログラムを巻き戻し,かつて受精卵がわずかに分裂した胚だった時のようにどんな細胞にもなることができる人工 … 続きを読む

カテゴリ 2012年12月号, 記事