タグ : ナノテク

炭素を挽いてグラフェンに〜日経サイエンス2009年5月号より

期待のナノ材料が量産に向かって一歩前進    シリコンはデジタルの世界を一変させたが,研究者たちは集積回路をより小さく・速く・安くする物質をいまなお躍起になって探している。最も有望なのはグラフェンだ。炭素環が蜂 … 続きを読む

カテゴリ 2009年5月号, News Scan

細菌用の罠〜日経サイエンス2009年4月号より

 導電性ポリマーでできた中空カプセルを使うと,粘着式ゴキブリ駆除器に似た要領で細菌を退治できるかもしれない。 細菌は全体として負の電荷を帯びているので,正電荷を持つこの罠(わな)から延びている薄板やフィラメントにくっつい … 続きを読む

カテゴリ 2009年4月号, News Scan

雷鳴式のスピーカー〜日経サイエンス2009年3月号より

 従来のスピーカーは振動板を前後に振動させて音を出しているが,カーボンナノチューブのシートでできた新しいスピーカーは稲妻が雷鳴を生じるような形で音を発する。 北京にある清華フォックスコン・ナノテクノロジー研究センターの物 … 続きを読む

カテゴリ 2009年3月号, News Scan

小さな小さな大問題〜日経サイエンス2009年3月号より

個々の原子の位置を特定する──それがナノ構造利用のカギだ    ナノテクの領域では,個々の原子の位置がすべてを決める。その物質が半導体として機能するか絶縁体となるか,重要な化学過程を引き起こすのか停止させるのか … 続きを読む

カテゴリ 2009年3月号, News Scan

細胞活動を磁力で制御〜日経サイエンス2008年5月号より

 細胞は自らの表面にあるさまざまな受容体タンパク質を利用して,周囲の環境を察知している。受容体が特定の分子を捕まえると一連の生化学的現象が次々と起こり,ホルモン分泌や病原体の破壊など,細胞の行動につながる。だが,受容体の … 続きを読む

カテゴリ 2008年5月号, News Scan

疾走する中国の頭脳

 日本では来年の4月から国立大学が法人化され,これまでとは違う厳しい生き残り競争にさらされるが,お隣の中国では国立大学や中国科学院傘下の研究所改革の波はすでに十数年前に始まった。研究者や大学,研究所が置かれている競争的環 … 続きを読む

カテゴリ 2003年9月号, 記事