タグ : オーロラ

1000本のアンテナで南極の空を見る

 ブリザードが吹き荒れ,冬は太陽が顔を見せない極夜が続き,頭上にオーロラが舞う──。日本が南極観測を始めて半世紀,気象や生物,地質,地磁気などさまざまな観測が行われ,行程数千kmに及ぶ隕石探索や,気候変動の記録を調べる氷 … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, 記事

昭和基地の空 理科教師の越冬記

 高緯度であること,極低温であること,空気が清浄であること──この3つがあいまって,南極では日本ではあまり見られない空の現象を観測できる。第50次日本南極地域観測隊の越冬隊員として,2008年12月に日本を発ち,2010 … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, 記事

脈動する磁性流体アート

 黒い液体をたたえた黒い器の真ん中に,金色に輝く円錐形の金属の塔が立っている。じっと見ていると,あら不思議,黒い液面がゆったりと波立ったかと思うと,液面のふくらみが塔の方に向かって動き始め,黒い液体が塔に刻まれた螺旋(ら … 続きを読む

カテゴリ 2007年3月号, 記事