What’s New

悪者ばかりじゃない 寄生虫の意外な役割

寄生虫について,人間にとって厄介で有害な小さな細長い生き物という以外に少しでも知っている一般人はほぼ皆無だろう。また,そのような生物学者も比較的少ない。そのため,今日の寄生虫に関する知識のほとんどは寄生虫を殺す方法の研究 … 続きを読む

カテゴリ 2022年12月号, 記事

河川修復のカギは「川底」にあり ハイポレーイックゾーン

北米大陸の北西部沿岸に暮らす先住民にとってサケは非常に重要な存在であり,先住民のなかには自分たちを「サーモン・ピープル」と呼んできた集団もある。だが入植者が持ち込んだ営農法と都市開発が,この力強い魚を打ちのめした。 雨水 … 続きを読む

カテゴリ 2022年12月号, 記事

日経サイエンス 2022年12月号

詳報:ノーベル賞 物理学賞 量子もつれ 実験実証 物理の世界観に変革  古田 彩 生理学・医学賞 絶滅ヒト族のゲノム解読  内村直之 化学賞 新薬や新素材 手軽に合成  出村政彬 物理学 特集:ブラックホールの中をのぞく … 続きを読む

カテゴリ 2022年12月号, 雑誌

渇いた空気〜日経サイエンス2022年11月号より

米国の特に西部で「蒸発需要」が増大し,干ばつと山火事を悪化させている 干ばつになるのは単に雨や雪が少ないためだと考えられることが多い。だが,大気が地面から水分を引き出す能力を示す「蒸発需要」も大きな要因だ。米国の大部分で … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, SCOPE & ADVANCE

The Big Day / ザ・ビッグデー 探鳥バトル同行記

On a warm day in late April, Frank Gallo is getting his steps in at one of his regular haunts: the sewage plant. He strolls along the paved trail outside the facility in Norwalk, Conn., scanning the p … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, 英語で読む日経サイエンス

別冊254 重版決定!12月6日出来 SFを科学する 研究者が語る空想世界

まえがき 第1章 シン・ゴジラ シン・ゴジラの科学  中島林彦 協力:長沼 毅/松本義久/藤倉克則 折り紙で解くシン・ゴジラ  中島林彦 協力:三谷 純 第2章 シン・ウルトラマン シン・ウルトラマンの物理学 高次元宇宙 … 続きを読む

カテゴリ 別冊・本

カキを導くエビの音〜日経サイエンス2022年11月号より

テッポウエビが発する音によってカキの幼生を新たな岩礁に誘導できる カキ礁はかつて多くの海底を一面に覆って海水を濾過し,海岸線を安定に保ち,膨大な生物のすみかとなっていた。だが過去200年間に,底引き網漁船が世界のカキ礁の … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, SCOPE & ADVANCE

2022年ノーベル化学賞:クリックケミストリーと生体直交化学の開発で米欧の3氏に

2022年のノーベル化学賞は,任意の有機分子を自在に結合して複雑な分子を簡単に作る「クリックケミストリー」の技術開発に貢献した米スクリプス研究所のシャープレス(K. Barry Sharpless)教授とデンマーク・コペ … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2022年10月6日

2022年ノーベル物理学賞:量子もつれ光子を用いたベルの不等式の破れの実験と量子情報科学の先駆的研究で欧米の3氏に

2022年のノーベル物理学賞は,量子もつれ光子を用いたベルの不等式の破れの実験と量子情報科学の先駆的研究で,仏パリ・サクレー大学のアスペ(Alain Aspect)教授,米のクラウザー(John Clauser)博士,オ … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2022年10月5日

2022年ノーベル生理学・医学賞:絶滅したヒト族のゲノム解析と人類進化の解明で独のペーボ教授に

2022年のノーベル生理学・医学賞は,絶滅したヒト族のゲノム解析と人類進化の解明における功績で,独マックス・プランク進化人類学研究所のペーボ(Svante Pääbo)教授に授与される。 我々はどこから来たのか。今から約 … 続きを読む

カテゴリ きょうの日経サイエンス

投稿日 2022年10月3日

死後の網膜の電気活動を復活〜日経サイエンス2022年11月号より

機能を調べる優れた実験モデルになる 脳死ほど撤回のきかない生物学的事象はないといえる。人が死ぬとニューロンもともに死ぬと長年考えられてきた。だが,ニューロンがぎっしり詰まった組織である網膜に関する新たな研究は,この定説に … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, SCOPE & ADVANCE

Forecasting Atmospheric Rivers / 線状降水帯の発生原因 「大気の川」を予報する

I was eating breakfast on a Monday morning at Sears Fine Food in downtown San Francisco, casually watching the local five-day weather forecast on a television screen behind the counter. A little symbo … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, 英語で読む日経サイエンス

タマムシの目くらまし防御〜日経サイエンス2022年11月号より

玉虫色の変化は身を隠すのと脅しの両方に働いている 虫にとって,キラキラ玉虫色に輝く殻を備えることは,腹をすかせた鳥から逃れるための最善の進化戦略ではないように思える。だが,見る角度によって色が変わるこの玉虫色が木漏れ日の … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, SCOPE & ADVANCE

無限を見る

風に秋の気配を感じられた。間瀬真知香(ませ・まちか)がルイボスティーを口にすると,高校1年生の何戸家夏太(なんとか・なつた)と姉の奈留沙(なるさ)が勢いよく飛び込んできて,真知香は微笑んだ。 「おはようございます。今日は … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, 記事

ぞろ目の出ないサイコロ(問題)

 アリスが白の騎士の工房を訪ねてみると,赤のポーンたちが全員来ていてなにやらかまびすしい。どうも白の騎士がまた奇妙な発明品を作ったので,そのお披露目をしているところらしい。  アリスに気づいてポーンの1人が言う。「俺たち … 続きを読む

カテゴリ 2022年11月号, パズルの国のアリス, パズルの国のアリス(解答なし)