What’s New

特集:ガンを知る 基礎知識

ガンはどのようにして起きるか  R. A. ワインバーグ   ガンはどのようにして転移するか  E. ルースラティ      ガンは,体の組織や器官が形づくられるために必要なさまざまな戒めを … 続きを読む

カテゴリ 1996年12月号, 記事

原因と予防

 ガンを引き起こすと考えられる物質や要因にはさまざまなものがある。そのなかで最も因果関係が明確なのは,食生活と喫煙である。「ガンの原因はなにか」の著者D.トリコポラスらは,先進国のガン死亡者の2/3が,この2つの発ガン要 … 続きを読む

カテゴリ 1996年12月号, 記事

早期発見に向けて

 新技術はガンをより早期により正確に発見することを約束するだけではない。腫瘍を前ガン状態で捕らえれば,発病の完全予防が可能になる。同じ基礎機器は,最小限の治療ですむ患者と最も積極的な介入を要する患者を,医者が見分けるのを … 続きを読む

カテゴリ 1996年12月号, 記事

治療法の進歩

最先端のガン治療技術  S. ヘルマン/E. E. フォークス   どんなときに骨髄移植をすべきか  K. アントマン   おもなガンの特徴と治療法  編集部    ガンの治療の3本柱は,手 … 続きを読む

カテゴリ 1996年12月号, 記事

将来の治療法

ガン免疫療法の可能性  L. J. オールド   分子レベルでのガン治療  A. オリフ/J. B. ギブス/F. マコーミック   血管新生の抑制  J. フォークマン     … 続きを読む

カテゴリ 1996年12月号, 記事

ガンとともに生きる

ガン患者の心を支える  J. C. ホランド   あやしい療法に手を出すな  J. -J. オーラ   ガンの痛みを取り去る  K. M. フォーリー   何が理想的な医療を妨害しているか  … 続きを読む

カテゴリ 1996年12月号, 記事

日経サイエンス 1996年12月号

特集:ガンを知る   ガン克服への道  J. レニー/R. ラスティング 今月号の総合前文といったところでしょうか。水先案内人を務める2人はScientific American誌のレニー編集長とラスティング副 … 続きを読む

カテゴリ 1996年12月号, 雑誌

はじめに

   最近,脳と心の問題がクローズアップされ,学問の世界でも,一般社会たとえばマスコミでも,絶えず取り上げられる話題となっている。心は「自己」の認識に関係する。すると,心の問題は生死に関係する問題になる。 &n … 続きを読む

カテゴリ 記事

日経サイエンス 1996年10/11月合併号

特別付録:掲載論文分野別一覧 付録を冒頭に掲げるのも何ですが,96ページの大作です(作るのは,本当に大変だったんですぅ)。今回は,別冊に収録しているオリジナル論文もしっかりカバーしました。次にこの付録が付くのは2001年 … 続きを読む

カテゴリ 1996年10/11月合併号, 雑誌

イルカの気泡リング遊び

 イルカがどれほど遊び好きで,想像力にあふれているかは,この論文を読めばたちどころに理解できるだろう。イルカたちはおもちゃを与えられなくても十分楽しめるようだ。自分たちでおもちゃを作り出すことができるのだから。もちろん, … 続きを読む

カテゴリ 1996年10/11月合併号, 記事

新しい国際通貨「電子マネー」

 日本では,クレジットカードの偽造や不正使用が表立った事件になるケースは少ないが,諸外国では深刻な社会問題になっている。そこでカード使用者本人であることをその場で確かめ,預金口座の残高などの個人情報に容易にアクセスできる … 続きを読む

カテゴリ 1996年10/11月合併号, 記事

胚発生を支配するタンパク質の勾配

 いつ,どのようにして,子は親と同じ形につくられるのだろうか――。著者たちは,ショウジョウバエの卵が体節をもつまでの変化を追うために,初期発生を支配する遺伝子の研究に取り組んできた。その結果,発生初期に発現される遺伝子産 … 続きを読む

カテゴリ 1996年10/11月合併号, 記事

トレンド なぜ太る,なぜやせられない

 肥満の原因は,食べ過ぎと運動不足であると,昔から考えられている。この考えには真実も含まれているのだが,それだけでは説明できないことも多い。食べ過ぎと運動不足だけならば,これを改善すれば,やせられるはずである。しかし,多 … 続きを読む

カテゴリ 1996年10/11月合併号, 記事

世界の砂

1粒の砂の中に1つの世界を,そして1輪の花の中に1つの天を見る。君の手のひらの中に無限を,そしてひとときの中に永遠を握る。   英国の詩人ウイリアム・ブレイクがこう歌ったように,地上で最もありふれた物質である砂 … 続きを読む

カテゴリ 1996年10/11月合併号, 記事

高温超伝導のメカニズムを探る

 高温超伝導の発見から10年が過ぎようとしているが,この特異な物理現象がどのように起きるのか,いまだによくわかっていない。ただ1つ明らかになったのは,金属系の低温超伝導体の機構を説明する古典的なBCS理論が,銅の酸化物を … 続きを読む

カテゴリ 1996年10/11月合併号, 記事