きょうの日経サイエンス

2011年9月26日

【編集こぼれ話】創刊40周年と30周年,そして50周年?:メルマガより

今号で本誌は創刊まる40周年です。

私が編集部に加わったのは10年前,創刊30周年の年でした。

やはり9月発売の2001年11月号が記念号で(当然ですね),

その編集作業に着地点が見えた9月11日の夜(日本時間)に

米国で同時多発テロが発生,

ニューヨークのサイエンティフィック・アメリカン編集部に

急ぎメールで様子を尋ねたことを思い出します。

翌朝出社すると当時の編集長ジョン・レニーから冷静な返信が来ており,

以下のような言葉で結ばれていました。

 

 

“The legacy of these terrorist acts will undoubtedly be to escalate the cycles
 of violence around the world. No good will come of any of this, and the
number of people who suffer because of this day is too terrible to consider.”

 

 

その後10年,

残念ながら彼の予想通り暴力の連鎖は続いたといえます。

そして今年は3・11に東日本大震災。

本誌の創刊○十周年には良いことなし?

それはともかく,

今号は「世界を変えた日本の頭脳」を特集しましたが

10年前の記念号のオリジナル特集は「現代の科学論争」というもの。

パラパラ読み返し,しばし感慨に耽りました

(2001年11月号の概要はこちらをどうぞ)。

 

さて,10年後,創刊50周年の2021年は?

(神野)