英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN November 2020

The Pandemic We Forgot

忘れられたパンデミック スペイン風邪の集合的記憶

By Scott Hershberger S. ハーシュバーガー
English 日本語 日本語
In 1924 Encyclopædia Britannica published a two-volume ­history of the 20th century up to that point. More than 80 authors—professors and politicians, soldiers and scientists—contributed chapters to These Eventful Years: The Twentieth Century in the Making as Told by Many of Its Makers. But the book’s sprawling 1,300 pages never mention the catastrophic influenza pandemic that had killed between 50 million and 100 million people worldwide only five years earlier. Many history textbooks published in subsequent decades note the 1918–1919 flu pandemic as an aside when discussing World War I, if at all.  1924年,エンサイクロペディア・ブリタニカ社はその時点までの20世紀の歴史を上下2巻の「この波乱に満ちた時代:当事者が語る現在進行中の20世紀」として出版した。大学教授や政治家,軍人,科学者など80人以上が執筆に加わった。だが1300ページに及ぶこの本は,わずか5年前に世界で5000万~1億人の命を奪った壊滅的なインフルエンザのパンデミックについて一言も言及していない。その後の数十年に出版された多くの歴史の教科書でも,1918~1919年のインフルエンザパンデミックについては,せいぜい第一次世界大戦の余談として触れられている程度だ。
Until recently, the pandemic remained strangely faint in the public memory. Monuments and federal holidays commemorate people lost in both World Wars. Museums and movies recount the sinking of the Titanic and the Apollo moon missions. But the same cannot be said for the 1918 flu (often referred to as the Spanish flu because of mistaken beliefs about its origin). The event forms a disproportionately small part of our society’s narrative of its past.  最近まで,このパンデミックは一般大衆の記憶のなかに奇妙なほどかすかにしか残っていなかった。2度の世界大戦で亡くなった人々は記念碑や祭日で追悼され,博物館や映画はタイタニック号沈没やアポロ計画について詳しく描写している。だが1918年のインフルエンザ(その起源に関する誤解から「スペイン風邪」と呼ばれることが多い)では違う。この出来事は私たちの社会の過去の物語のなかで,不釣り合いに小さな部分をなしている。
That such a calamity could fade from our collective memory puzzled Guy Beiner, a historian at Ben-Gurion University of the Negev in Israel. “We have an illusion,” he says. “We believe that if an event is historically significant—if it affects many, many people, if it changes the fate of countries in the world, if many people die from it—then it will inevitably be remembered. That’s not at all how it works.”  このような大惨事が社会の集合的記憶から薄れうることに,ネゲヴ・ベン=グリオン大学(イスラエル)の歴史学者ベイナー(Guy Beiner)は当惑した。「私たちは錯覚している」と彼はいう。「ある出来事が歴史的に重要であるなら,つまりそれが非常に多くの人々に影響し,世界の国々の運命を変え,多くの人々が命を落とした出来事なら,必然的に記憶に残るだろうと私たちは思い込んでいる。しかし,そうはならない」。
Beiner began collecting books about the 1918 pandemic 20 years ago. For a long time, they came in a slow trickle. Now he can hardly keep up. “I have, in my office, three stacks [of novels] waiting for me—huge stacks,” he says. Previously a niche topic even among historians, the 1918 flu has been compared with the current pandemic in terms of fatality rate, economic impact, and the effectiveness of masks and social distancing. In March alone, the English-language Wikipedia page for “Spanish flu” received more than 8.2 million views, shattering the pre-2020 monthly record of 144,000 views during the pandemic’s 2018 centennial.  ベイナーは20年前に1918年のパンデミックに関する本を集め始めた。長い間,そうした書籍はほんのポツポツと出版されるだけだった。だがいまは読むのが追いつかないほど数多く出版されている。「私の研究室には未読の新書を積んだ大きな山が3つもある」と彼はいう。
 以前は歴史家の間でもニッチな話題だった1918年のインフルエンザが,現在の新型コロナウイルス感染症COVID-19と,死亡率や経済的影響,マスクやソーシャルディスタンシングの有効性といった点で対比して語られている。英語版ウィキペディアの「スペイン風邪」のページは2020年3月だけで820万回以上閲覧され,2018年のスペイン風邪100周年中に作られた14万4000回という以前の月間記録を大幅に塗り替えた。
The forgetting and rediscovery of the 1918 flu provide a window into the science of collective memory. They also offer clues about how future generations might regard today’s pandemic.  1918年のインフルエンザの忘却と再発見は,集合的記憶を科学的に考察する新たな窓を提供している。また,現在のパンデミックを未来の世代がどのように見なすかに関する手がかりもそこから得られる。