英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN November 2020

Ancient Plagues Shaped the World

DNAが明かす疫病史 ペスト流行とローマの興亡

By James P. Close J. P. クローズ
English 日本語 日本語
In 541 C.E., after years of campaigning against Goths and Vandals, Emperor Justinian I had built the eastern Roman Empire into a vast dominion, nearly encircling the Mediterranean Sea. That year, however, gave the ruler no chance to celebrate. Instead he was attacked by a deadly new foe, an invisible and incomprehensible enemy.  西暦541年,ユスティニアヌス1世はゴート族とヴァンダル族との長年の戦いの末に東ローマ帝国の統治権を大きく広げ,地中海をほぼ包囲する版図を築いていた。だがその年,この統治者は祝賀どころではなかった。皇帝は非常に手ごわい新たな敵から攻撃を受けた。目に見えない不可解な敵だ。
A mysterious plague swept across Justinian’s lands and into his capital, Constantinople. Victims spiked high fevers, their armpits and groins swelled painfully, and many became delirious. The emperor himself fell ill. Rumors of his demise filled the panicked city. Historian Procopius, a resident of the city, claimed that on some days as many as 10,000 people died. Justinian managed to survive the contagion, but his empire remained scarred for years afterward, losing its grip on many territories and struggling to maintain control of Rome.  謎めいた疫病がユスティニアヌスの領地に広がり,首都コンスタンティノープルにも及んだ。罹病者は高熱を出し,わきの下と鼠径部が腫れてひどく痛み,多くが譫妄(せんもう)状態に陥った。皇帝自身も罹患した。パニックに陥った首都に皇帝崩御の噂が広まった。コンスタンティノープルに住んでいた歴史家プロコピウスは,1日に1万人が死んだ日もあったと述べた。ユスティニアヌスは何とか生き延びたが,帝国にはその後何年にもわたって疫病の傷跡が残り,多くの領土で支配力を失い,統治の維持に苦しんだ。
Scientists have debated the identity of this scourge up to the present day. While some blamed the plague on a particularly lethal strain of the bacterium Yersinia pestis—the symptoms resembled the medieval Black Death, and Y. pestis is the bug behind that devastation—other have argued Justinian was beset by an influenza virus related to the notorious 1918 flu epidemic, which killed an estimated 50 million to 100 million people. Historians have also wondered where the disease started. Many pointed the finger at Egypt because historical accounts noted a similar ailment appeared there just before Justinian’s catastrophe.  この災厄の正体が何だったのか,科学者たちの論争は現代まで続いてきた。症状が中世の黒死病に似ており,黒死病の原因がペスト菌(Yersinia pestis)であることから,この疫病を引き起こしたのは特に致死性の高いペスト菌株だとする見方がある一方, 1918年の悪名高いインフルエンザの流行(推定で5000万~1億人が死亡)をもたらしたのと類縁のウイルスが原因だったと主張する人もいた。また,この病気が始まった場所についても見方は分かれていた。多くの歴史家はエジプトだろうと推定していた。ユスティニアヌスの大惨事の直前に同様の病気がエジプトで発生したという記述が残っていたからだ。
Now biologists and archaeologists, teaming up to recover ancient DNA from teeth and bones from that time, have been able to resolve this long-standing debate. The teeth hold DNA from Y. pestis, not remnants of the flu. Following this strain back in time and across the globe, researchers learned that the plague began not in Egypt but in western China and traveled across the high grasslands of the Eurasian Steppe before hitting Europe.  現在,生物学者と考古学者が協力して当時の遺骨や歯から古代のDNAを採取して調べる研究が進み,この長年の論争を解決できるようになった。歯に残っていたのはペスト菌のDNAで,インフルエンザウイルスのものではなかった。このペスト菌株の由来を時間をさかのぼって追跡した結果,起源はエジプトではなく中国西部で,ユーラシアステップの高地草原を通ってヨーロッパに至ったことがわかった。