英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN May 2019

The Roots of Human Aggression

人はなぜキレるのか 衝動を生む神経回路

By R. Douglas Fields R. D. フィールズ
English 日本語 日本語
From his sniper’s perch on the 32nd floor of the Mandalay Bay hotel in Las Vegas, a lone gunman fired 1,000 bullets from high-powered rifles into a crowd of concertgoers in 2017, murdering 58 innocent people and injuring 869 others. After he committed suicide at the crime scene, the mass murderer’s brain was shipped to Stanford University to seek a possible biological explanation for this depraved incident.  2017年,ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ・ホテルの32階から,1人の男が音楽祭の観客に向けて高性能ライフルで銃弾1000発を乱射,58人が死亡し869人が負傷した。犯人が現場で自殺した後,その脳はスタンフォード大学に送られ,この異常な事件について考えうる生物学的な説明が探られた。
What could the scientists possibly find during such an inspection? Quite a lot, in fact. No genetic test for homicidal behavior is in the offing. But this type of investigation can add insight into how violence is controlled by the brain. Using the same experimental methods that have enabled the tracing of brain circuits responsible for other complex human activities—including walking, speech and reading—neuroscientists now can pinpoint pathways that underlie aggressive behaviors. These new findings help to expose the underlying mechanisms at work in acts of extreme violence, such as the Las Vegas atrocity, but they also help to explain the more commonplace road rage and even a mother’s instantaneous response to any threat to her child.  そのように脳を調べて何がわかるのか? 実際,かなりのことがわかる。殺人行為を事前につかむ遺伝子検査が近いうちに実現する見込みはないが,脳を調べるこの種の研究によって,暴力が脳によってどう制御されているかに関する知見が得られる。歩行や発話,読字といったヒトの複雑な活動に関与している脳回路を特定したのと同じ実験手法を用いて,攻撃行動の根底にある神経経路を突き止めることができる。そうした知見は,ラスベガスの銃乱射事件のような過激な暴力行為で働いているメカニズムを明らかにするだけでなく,より日常的なあおり運転や,我が子が脅威にさらされたときに母親が即座に起こす反応を説明するのにも役立つ。
Physical, sometimes deadly violence is the hub of nature’s survival-of-the fittest struggle, and all animals have evolved specialized neural circuitry to ex­­ecute—and control—aggressive behavior. In pioneering experiments on cats beginning in the late 1920s, Walter Hess discovered a locus deep within the hypothalamus, a brain area that unleashes violent aggression. It turns out that this is the same spot where other powerful compulsive urges and behaviors are activated, including sex, eating and drinking. When Hess stimulated this knot of neurons using a wire electrode inserted into the brain of a docile cat, the feline instantly launched into a hissing rage, attacking and killing another animal in its cage. The human brain has this same neural structure, labeled the hypothalamic attack area.  時として命に関わることもある身体的暴力は自然界における適者生存競争と深く関係しており,多くの動物が攻撃行動の実行・制御に特化した神経回路を進化させてきた。ヘス(Walter Hess)は1920年代後半に始めた先駆的なネコ実験で,激しい攻撃を誘発する領域が視床下部の奥深くに存在することを発見した。この領域はまた,セックスや飲食といったやむにやまれぬ強い衝動や行動を誘発することがわかっている。ヘスがおとなしいネコの脳に挿入した電極でこのニューロン群を刺激すると,ネコはすぐにシャーという威嚇音を発して怒り出し,ケージにいたほかの動物を攻撃して殺してしまった。ヒトの脳にも同じ神経構造があり,「視床下部攻撃領域」と呼ばれている。
This discovery sparked the widely popularized “lizard brain” concept, the assertion that primitive urges in humans spring from an evolutionarily ancient neural core that, in the right circumstance, provokes beastly behavior. Since Hess’s discovery, the vital question confronting scientists for nearly a century has centered on what circuits feed into the brain’s hypothalamic attack region to activate or squelch an attack. Relatively new techniques—optogenetics (an experimental method to switch neural circuits on or off) and fiber-optic cameras threaded into the brains of experimental animals to observe neurons firing during a violent attack—enable some of these questions to be answered. In fact, it is now possible to identify rage and aggression circuits.  この発見がきっかけとなって「爬虫類脳」という概念が広まった。人間の原始的な衝動は,進化的に古く,適切な状況で獣のような行動を引き起こす神経系の中心部から生じるという主張だ。ヘスの発見以来1世紀近くにわたって科学者が直面してきた重要な問題は,どの回路が視床下部攻撃領域に信号を送って攻撃を誘発あるいは抑制しているのかという点だ。オプトジェネティクス(神経回路のオン・オフを切り替える実験方法)や,実験動物の脳に光ファイバーを挿入して激しい攻撃行動の最中に発火しているニューロンを観察するといった比較的新しい技術によって,これらの疑問の一部に答えが得られている。それどころか,いまや怒りと攻撃の回路を特定することも可能だ。