英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN July 2017

Operation: Diabetes

糖尿病を手術で治す

By Francesco Rubino F. ルビーノ
English 日本語 日本語
When I began training as a surgeon about two decades ago, I was eager to treat tumors, gallbladder stones, hernias and all other conditions within reach of a scalpel. Surgery seemed like a direct solution to some serious problems.  私は20年ほど前に外科医として研修を始めたとき,腫瘍や胆石,ヘルニアなど外科手術の範囲内にある病気すべてを治療したいと熱望していた。外科手術はいくつかの深刻な問題に対する直接的な解決策に思えた。
Type 2 diabetes was not one of them. Operations focus on single body parts, but doctors knew diabetes damaged multiple organs at the same time and involved a widespread failure to make efficient use of a blood glucose–regulating hormone, insulin. Clearly, this was not something that could be easily cut into or cut out.  2型糖尿病はその対象ではなかった。手術は身体のある1つの部分に焦点を定めて行うが,医師であれば,糖尿病が同時に複数の臓器を傷つけ,血液中のグルコース(ブドウ糖)を調節するホルモンであるインスリンを体内の広い範囲でうまく利用できなくなることを知っている。メスを入れて簡単に切り取れるものでないのは明らかだった。
But then one afternoon in the summer of 1999, my view of diabetes, and my career, took a radical turn.  しかし1999年夏のある午後,糖尿病に対する私の見方と私の医師としての道は一変した。
I had just moved from Italy to New York City to start a fellowship in minimally invasive surgery at what is now called the Icahn School of Medicine at Mount Sinai. I was in the library trying to read about some technical aspects of an operation called biliopancreatic diversion when I stumbled across something odd. The operation is used on severely obese people. It makes them lose weight by shortening the route food takes through their intestines, bypassing nutrient-absorbing sections. Many of these patients had type 2 diabetes, which accompanies obesity. What struck me, however, was that as soon as one month after the surgery, these people had completely normal blood sugar levels. They had not yet lost much weight, they were eating without calorie or sugar restrictions, and they were not taking any diabetes medication. Still, most of them remained diabetes-free for years after surgery.  私は当時,現在のマウントサイナイ医科大学で低侵襲手術に関するフェローシップ研究を行うべく,イタリアからニューヨークへ移ってきたばかりだった。「胆膵路転換手術」という手術の技術的側面について図書館で文献を読んでいるうちに,奇妙な記述に遭遇した。
 この手術は重度の肥満の人に行われる。食べものが通過する腸のルートを短くし,栄養を吸収する腸の部分をバイパスすることによって体重を減らす。手術を受けた患者の多くは,肥満に伴う2型糖尿病を発症していた。だが私が驚いたのは,手術からわずか1カ月後に患者の血糖値が完全に正常になっていたことだ。患者たちの体重はまだ減っておらず,カロリーや糖分を制限した食事をしていたわけではなく,いかなる糖尿病薬も服用していなかった。それでも患者の大半は手術後何年も,糖尿病の症状なしの状態を維持した。
I was truly puzzled. How could an operation fix blood sugar problems in a disease that, all the textbooks said, is chronic, progressive and ultimately irreversible? Diabetes could be managed, but it was not supposed to go away.  私はひどく困惑した。慢性かつ進行性で結局のところ不可逆性であるとすべての教科書が述べている病気における血糖の問題を,1回の手術がどうして解決できたのか? 糖尿病は制御できても解消はしないと考えられていた。
Racking my brain for an explanation, I recalled that the small intestine produces hormones that stimulate the pancreas to make extra insulin. Could the surgical change to the anatomy af­­fect these hormones in some way that restored normal glucose metabolism? Or could the gut harbor other mechanisms of disease that surgery was able to correct? If so, surgery could be used to treat diabetes, and understanding how surgery produced this effect could also provide a clue to diabetes’ elusive cause.  説明を求めて頭を絞っているうちに,私は小腸が膵臓にインスリンをさらに作らせる一連のホルモンを作り出していることを思い出した。手術による小腸の構造変化が何らかの形でこれらのホルモンに影響し,正常なグルコース代謝を回復させたのだろうか? それとも腸に糖尿病につながる別のメカニズムが潜んでいて,外科手術がそれを修正したのだろうか? もしそうなら,手術を糖尿病の治療に使えることになる。手術がそうした効果をどのように生むのかを理解すれば,糖尿病の原因に関する手がかりも得られるだろう。