英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN March 2017

Brain Trust

貧困から子供の脳を救う

By Kimberly G. Noble K. G. ノーブル
English 日本語 日本語
Growing up poor does more than deprive a billion children and adolescents worldwide of basic material necessities. Poverty places the young child’s brain at much greater risk of not going through the paces of normal development to eventually become the three-pound wonder able to perform intellectual feats, whether composing symphonies or solving differential equations.  貧しくて生活必需品を買えない青少年が世界で10億人もいるが,貧困が子供にかける重荷はそれだけではない。脳の発達が通常よりも遅れるリスクが高まる。交響曲を作曲したり微分方程式を解いたりといった知的大仕事をこなすように発達するはずの重さ1.4kgのこの驚異の器官が,順調には成長できなくなるのだ。
 

続きは

『日経サイエンスで鍛える科学英語[SDGs編]』でご覧いただけます。