英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN February 2017

The Whistled Word

口笛言語

By Julien Meyer J. メイエ
English 日本語 日本語
One spring morning Panagiotis Kefalas was in the tavern he owned in the tiny Greek village of Antia when he received a call from his friend Kyria Koula. Kefalas was planning to have breakfast at her home some 200 meters from his tavern. The call did not begin with the sounding of a mobile ring tone. Instead it reached directly from Koula’s mouth to Kefalas’s ears, arriving in the form of a series of high-pitched whistles.  ある春の日の朝,ギリシャのアンティアという小さな村で民宿を営むパナギオティス・ケファラス(Panagiotis Kefalas)は友人のキリア・コウラ(Kyria Koula)から連絡を受けた。ケファラスは200mほど離れたコウラの家で朝食をごちそうになることになっていたのだが,彼女からの連絡は携帯電話に届いたのではない。コウラの口からケファラスの耳へ直接,一連の高い口笛の音として届いた。
“Welcome, what do you want?” Koula trilled. Kefalas pursed his lips and whistled back: “Please, I would like to eat.” “All right,” Koula replied. “I would like scrambled eggs,” Kefalas volunteered.  「いらっしゃい,なにをお望み?」とコウラがさえずってきた。ケファラスは唇をすぼめ,口笛で「頼むよ,何か食べたいな」と返す。「了解」とコウラが答える。ケファラスは「スクランブルドエッグをいただきたい」と所望した。
A visitor to Antia would have come away perplexed. The beginning of the first phrase, “welcome” (kalós irthate in romanized Greek), sounded like the lewd catcall—“tweet, tweeo”—except that the drawn-out second syllable rose sharply in pitch.  村人でなければチンプンカンプンだろう。「いらっしゃい」という最初のフレーズ(アルファベット表記のギリシャ語でkalós irthate)は下品な男が通りすがりの女性をひやかす「ヒュッ,ヒュー」という口笛に似ている。ただし,長く伸びる2つ目の音節はピッチ(音高)が下がるのではなく急上昇する。
Some accounts contend that the now dying tradition of whistled speech, still maintained by Antia’s few dozen residents, served for centuries as the best way for sheep or goat herders there to communicate from one hillside to another. Whistles, after all, carry much farther than shouts and spare the vocal cords. Even today the pensioners of this village at the southern end of Greece’s second-largest island, Euboea, sometimes use this efficient pretechnological form of wireless communication from house to house to convey news, gossip or extend a breakfast invitation.  アンティア村の数十人が維持しているこのような口笛言語はいまや絶え入りそうな伝統だが,羊や山羊を放牧する人たちが丘から丘へメッセージを送る最良の方法として何百年も使われてきたのだとされている。何しろ,口笛は叫び声よりも遠くまで伝わるし,声帯を使う必要もない。ギリシャ第2の島であるエヴィア島の南端にあるこの村の老人たちは現在でもときどき,この効果的な無線通信法を用いて,お知らせや噂話を家から家へ伝えている。朝食への招待も朝飯前だ。
I recorded the conversation between Kefalas and Koula in May 2004. Since the early 2000s I have been studying whistled speech in remote mountains and dense jungle across the globe. In that time, I and my colleagues from diverse institutions have come across many previously undiscovered whistled languages. We have also measured the amazing distances that whistled words can travel and have gained an understanding of how blowing air through lips can convey full sentences, as well as how the brains of recipients manage to decode the words.  私がケファラスとコウラの会話を録音したのは2004年5月だった。私は2000年代初めから,人里離れた山地やジャングルなど世界各所で口笛言語を調べてきた。このなかで,様々な研究機関の仲間たちとともに,それまで知られていなかった口笛言語の例を数多く見つけた。また,口笛言語が驚くほど遠くまで伝わることを実測で確かめたほか,口笛によって文をどのように伝えるのか,受け手の脳がそれをどのようにして言葉に復号しているのかを理解した。
A Slow Beginning
I originally became interested in these languages almost 20 years ago after reading a 1957 Scientific American article about a version called Silbo Gomero, which is still spoken on La Gomera, one of Spain’s Canary Islands. I decided I wanted to know more and made it the focus of my doctoral work beginning in 2003.
 スローな始まり
 私が口笛言語に興味を持ったのは20年近く前,スペイン領カナリア諸島のラ・ゴメラ島でいまも使われている「シルボ・ゴメーロ」という口笛言語に関する1957年のSCIENTIFIC AMERICANの記事を読んだのがきっかけだった。私はもっと詳しく知りたいと考え,それを博士論文の研究テーマに据えて2003年に研究を始めた。