英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN June 2014

The World without Free Will

自由意思なき世界

By Azim F. Shariff /Kathleen D. Vohs A. F. シャリフ /K. D. ボース
English 日本語 日本語
In July 2008 retired steelworker Brian Thomas and his wife, Christine, drove their camper van to a small seaside village in Wales. Disturbed by men on motorbikes performing loud stunts, the couple relocated to the parking lot of a nearby inn. Later that night Thomas dreamed that one of the bikers had broken into the van. As he slept, he confused his wife with the imaginary biker and strangled her to death. That is how he told the story, anyway.  2008年7月,製鋼所の元工員で現在は引退しているトーマス(Brian Thomas)は妻のクリスティーンとともにキャンピングカーで英ウェールズの海沿いにある小さな村にやってきた。海辺では男たちがバイクをやかましく乗り回していたので,2人は近くの小さなホテルの駐車場に車を移動した。その夜遅く,トーマスは昼間のバイク乗りの1人がキャンピングカーに押し入ってくる夢を見た。彼は眠ったまま,妻をその乱入男と取り違えて絞め殺した──ともかく,これが彼の語った顛末だ。
The next year a jury had to decide whether Thomas was guilty of murder. He had been prone to sleepwalking since childhood, the jury learned. An expert psychiatrist explained that Thomas was not aware of what he was doing when he choked his wife and that he had not consciously chosen to attack her. Thomas went free.  翌年,陪審はトーマスを殺人罪に問うかどうかの判断に迫られた。公判のなかで,トーマスには子供のころから夢遊病の気があったことがわかった。ある精神科医が専門家として証言し,トーマスは妻の首を絞めている最中も自分で何をしているかがわかっておらず,彼は妻を攻撃することを意識的に選んだのではないと説明した。トーマスは無罪になった。
Such cases force people to consider what it means to have free will. During sleepwalking the brain clearly can direct people’s actions without engaging their full conscious cooperation. Recently an increasing number of philosophers and neuroscientists have argued that—based on a current understanding of the human brain—we are all in a way sleepwalking all the time. Instead of being the intentional authors of our lives, we are simply pushed around by past events and by the behind-the-scenes machinations of our unconscious minds. Even when we are wide awake, free will is just an illusion.  こうした事例は「自由意思を持つとはどういうことなのか」を考えさせる。夢遊歩行中も,脳が当人の意識的な協力なしにその行動を指令できているのは明らかだ。近年,人間の脳に関する最新の理解に基づいて「人は誰も,ある意味で常に夢遊状態なのだ」と主張する哲学者や神経科学者が増えている。私たち人間は自分の人生を自分の意思で紡ぎ出しているのではなく,単に過去の出来事に突き動かされ,意識の裏舞台で働くたくらみに動かされている。完全に目覚めているときでさえ,自由意思など幻にすぎない……。
Philosophers with this viewpoint argue that all organisms are bound by the physical laws of a universe wherein every action is the result of previous events. Human beings are organisms. Thus, human behavior results from a complex sequence of cause and effect that is completely out of our control. The universe simply does not allow for free will. Recent neuroscience studies have added fuel to that notion by suggesting that the experience of conscious choice is the outcome of the underlying neural processes that produce human action, not the cause of them. Our brains decide everything we do without “our” help—it just feels like we have a say.  この見方に立つ哲学者は次のように主張する。生物はすべて,宇宙を統べる物理法則に縛られている。人間は生物だ。したがって人間の行動は複雑な因果の連なりの結果であり,本人のコントロールを完全に超えている。宇宙そのものが自由意思の存在を許さない。
 近年の神経科学の研究はこの考え方をさらに強めた。何かを意識的に選択するという体験は当人の行動を引き起こす神経プロセスの結果であって,意識的選択が行動の原因ではないことが,神経科学から示唆された。私たちの脳は“私たちの助け”なしに,私たちの行動すべてを決めている──いうなればそんな感じだ。
Not everyone agrees, of course, and debates over the existence of free will continue to rage. The two of us, however, are intrigued by a related question of equal importance: What happens when people’s belief in free will—justified or not—is shaken? What does a post–free will society, or rather a post–belief in free will society, look like? Our research into this issue offers inklings of an answer, some of which are disturbing. In particular, we see signs that a lack of belief in free will may end up tearing social organization apart.  もちろん全員がこの見方に同意しているわけではなく,自由意思の存在をめぐる議論はなおも激しさを増して続いている。だが私たち著者は,この議論と同じく重要だが別の問題に興味を抱いた。自由意思に対する確信(その善し悪しは別として)が揺らいだときに何が起こるのか,という疑問だ。「自由意思なき社会」,あるいは「自由意思に対する確信なき社会」というべきかもしれないが,そうした社会はどんなものになるのか? 私たちの研究からいくつかの手がかりが得られており,その一部は不穏なものだ。特に,自由意思への確信を欠くと社会組織がバラバラに分裂する可能性がうかがえる。