英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN September 2013

The Food Addiction

食欲の暴走 なぜ食べるのをやめられないのか

By Paul J. Kenny P. J. ケニー
English 日本語 日本語
Would a rat risk dying just to satisfy its desire for chocolate?  ラットは,チョコレートを食べたいという欲望を満たしたいがために,死の危険まで冒すだろうか?
I recently found out. In my laboratory, we gave rats unlimited access to their standard fare as well as to a mini cafeteria full of appetizing, high-calorie foods: sausage, cheesecake, chocolate. The rats decreased their intake of the healthy but bland items and switched to eating the cafeteria food almost exclusively. They gained weight. They became obese.  私は最近,その答えを見つけた。私たちは,ラットが標準的な餌を好きなだけ食べられるようにした上で,彼らにソーセージやチーズケーキ,チョコレートなどの食欲をそそる高カロリー食品をいっぱい並べたミニカフェテリアを用意した。ラットは,健康的だが薄味な餌には手をつけなくなり,ほぼ例外なくカフェテリアのごちそうを食べるようになった。ラットの体重は増加し,肥満体になった。
We then warned the rats as they were eatingーby flashing a lightーthat they would receive a nasty foot shock. Rats eating the bland chow would quickly stop and scramble away, but time and again the obese rats continued to devour the rich food, ignoring the warning they had been trained to fear. Their hedonic desire overruled their basic sense of self-preservation.  その後,摂食中のラットに光を当てて警告するようにした。ラットは,それが足に不快な電気ショックを受ける予告であることを教えられていた。薄味の餌を食べているラットはすぐに食べるのをやめて慌てて立ち去ったが,肥満ラットは何度実験を繰り返しても,警告を無視して高カロリー食品をむさぼり続けた。快楽願望の方が基本的な自衛本能を大きく上回ったのだ。
Our finding mirrored a previous trial by Barry Everitt of the University of Cambridgeーonly his rats were hooked on cocaine.  私たちの発見は,英ケンブリッジ大学のエベリット(Barry Everitt)が以前に行った実験結果と重なる。ただし,エベリットのラットはコカイン中毒だった。
So are the fat rats addicted to food? An inability to suppress a behavior, despite the negative consequences, is common in addiction. Scientists are finding similar compulsiveness in certain people. Almost all obese individuals say they want to consume less, yet they continue to overeat even though they know that doing so can have shockingly negative health or social consequences. Studies show that overeating juices up the reward systems in our brainーso much so in some people that it overpowers the brain’s ability to tell them to stop eating when they have had enough. As with alcoholics and drug addicts, the more they eat, the more they want. Whether or not overeating is technically an addiction, if it stimulates the same brain circuits as drug use, in the same way, then medications that dial down the reward system could help obese people to eat less.  では,肥満ラットは食物依存症なのだろうか? 負の影響を招く行動を抑制できないというのは,依存症に共通する状態だ。似たような状態の人々がいることが科学的に知られている。ほぼすべての肥満者が,食事量を減らしたいと言い,過食が健康や社会生活にひどく悪い結果をもたらすことを知りながら,それを続けている。
 過食が脳の報酬系を活発にすることが研究で示されている。一部の人ではそれが度を越していて,満腹になったときに食べるのをやめるように指示を出す脳の働きを圧倒してしまっている。そうした人々は,アルコール依存症患者や麻薬常用者のように,食べれば食べるほど欲しくなる。過食が厳密な意味で依存症なのかどうかにかかわらず,薬物使用の場合と同じ脳の回路を刺激するなら,報酬系を抑制する薬物療法で肥満者の食事量を減らせるかもしれない。